ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

2020年1~9月のM&A金額、前年比倍増の9.6兆円|「上位30」一覧

alt
1~9月のM&A金額ランキング上位30を一覧

2020年1~9月のM&A金額(適時開示ベース)は前年同期比倍増の9兆6860億円となり、2018年(11兆3255億円)に次ぐ過去2番目の高水準を記録した。

第3四半期に「兆円」クラスが3連発

新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言と重なった4~6月(第2四半期)は3543億円と過去10年間で2013年と並ぶ最低レベルまで落ち込んでいた。ところが一転、7~9月(第3四半期)はソフトバンクグループ(SBG)による4.2兆円の売却をはじめ、兆円クラスのM&A案件が3件連続し、金額が跳ね上がった。

SBGが売却を決めたのは2016年に傘下に収めた英半導体設計大手アーム(ARM)。売却額は最大4.2兆円に上るが、これは日本企業がかかわるM&Aの取引金額として歴代2位となる超ビッグディール。売却先は米半導体大手のエヌビディア。SBGは9000億円規模の差益を得る見通しだ。

ソフトバンクグループの本社前(東京・芝浦)

一方、1~9月のM&A件数は605件で、前年同期と同水準をキープしている。新型コロナ下、海外案件が低調ながら、国内案件が底堅く推移し、件数を牽引する展開となっている。

1~9月の取引金額ランキングの上位30は次の通り。

◎2020年1~9月のM&A:金額上位30(青字は直近7~9月の発表分)

1 ソフトバンクグループ 傘下の英半導体設計大手アームを米エヌビディアに売却 4.2兆円   
2 セブン&アイ・ホールディングス 米コンビニ大手のスピードウェイを買収 2.2兆 円  
3 ウットラムグループ(シンガポール) 日本ペイントホールディングスを子会社化 1.18兆円  
4 三菱商事・中部電力 オランドのエネルギー企業、エネコを買収 5000億円  
5 武田薬品工業 武田コンシューマーヘルスケアを米投資ファンドに売却 2420億円 
6 アークランドサカモト ホームセンター中堅のLIXILビバをTOBなどで子会社化 1085億円   
7 ニチイ学館 投資ファンドのベインキャピタルと組みMBOで非公開化 999億円   
8 前田建設工業 前田道路をTOBで子会社化 861億円   
9 総合メディカルホールディングス 総合メディカルホールディングス、投資会社ポラリスと組みMBOで非公開化 763億円   
10   米ベインキャピタル 三井E&Sホールディングス傘下の昭和飛行機工業をTOBで子会社化 694億円   
11   大王製紙 丸紅と共同でブラジルの衛生用品メーカー大手Santherを買収 584億円   
12     新生銀行 ニュージーランド大手のノンバンクUDC Financeを子会社化 515億円   
13     ノーリツ鋼機 DJ・クラブ機器大手のAlphaTheta(旧パイオニアDJ、横浜市)を子会社化 350億円   
14     豆蔵ホールディングス 投資ファンドのインテグラルと組みMBOで非公開化 344億円   
 15     キリン堂ホールディングス 投資ファンドのベインキャピタルと組みMBOで非公開化 338億円   
16     オーデリック MBOで株式を非公開化 306億円   
 17     フェローテックホールディングス 半導体ウエハーの中国製造子会社の株式60%を地方政府などに譲渡 296億円   
 18     ティーガイア 富士通傘下で携帯電話販売の富士通パーソナルズを子会社化 287億円   
 19     住友ベークライト 川澄化学工業をTOBで子会社化 270億円   
20     グローリー セルフ注文・決済機器大手の仏アクレレック・グループを子会社化 242億円   
 21     アント・キャピタル・パートナーズ スカラ傘下のソフトブレーンをTOBで子会社化 232億円   
22     META Capital 澤田ホールディングスをTOBで子会社化 208億円   
23   SBSホールディングス     東芝傘下の東芝ロジスティクス(川崎市)を子会社化 199億円   
24     東海カーボン 炭素黒鉛製品メーカーの仏Carbone Savoieを子会社化 197億円   
25     ツムラ 漢方製剤用原料を生産・販売する中国「盛実百草」(天津)を子会社化 187億円   
26     共英製鋼 カナダのMCアルタスチールから電炉事業を取得 155億円   
 27     昭和産業 三井物産傘下のサンエイ糖化(愛知県知多市)を子会社化 150億円   
28     タムロン 創業家の資産管理会社ニューウェル(さいたま市)を子会社化(144億円) 144億円   
29     カルビー サツマイモ加工卸のポテトかいつか(茨城県かすみがうら市)を子会社化 139億円   
30    ヤマダホールディングス 注文住宅のヒノキヤグループをTOBで子会社化 126億円   

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

1~3月期、日本企業によるM&A金額ランキング!

1~3月期、日本企業によるM&A金額ランキング!

2020/04/09

1~3月期のM&A件数は前年同期比10件増の232件と2年連続で増加し、2009年(252件)以来の高い水準となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響が危惧された直近3月も前年同月を4件上回る86件と09年(88件)以来の水準を記録した。

関連のM&Aニュース