大学発ベンチャーの「起源」(30) Kyoto Robotics ー 日立が惚れこんだスタートアップ

alt

Kyoto Robotics(滋賀県草津市)は、作業ロボットの目となる「3次元ビジョンシステム」や頭脳となる「AI制御システム」の技術開発を手掛ける立命館大学発のベンチャー企業。同大情報理工学部の徐剛教授が、2000年12月に「三次元メディア(3D MEDiA)」として設立した。

早くから注目されていたロボット制御技術

2002年3月には大手ベンチャーキャピタルのジャフコグループ<8595>から1億円の出資を受けるなど、早くから有望なスタートアップとして注目されており、2018年1月に現在の「Kyoto Robotics」に社名変更している。

得意とする技術はアーム型搬送ロボットの制御で、物流現場で高く評価されている。人手不足に伴う物流の搬出現場では早くから作業の自動化に取り組んできたが、製造現場ほどには普及していない。

これは製造現場では同じ大きさ、同じ重量で整然と流れてくる部品や製品を取り上げ(ピッキング)、次の工程に送り込むという単純な作業なのに対し、物流現場では大きさや重量がばらばらで無造作に積み上げられている荷物を認識して仕分けるという煩雑な作業が必要なため。

従来の技術では「事前登録されたサイズやデザインの荷物しか取り扱うことができない」「事前登録された積み方でなければ対応できない」「パレットや台車、コンテナへの直積みといった物流現場で混在する積み方に対応するために、それぞれの専用制御システムが必要」という「三重苦」を抱えていた。

Kyoto Roboticsの「3次元ビジョンシステム」は、パレット上に無作為に積まれた段ボールの画像データの認識成功率で99.9%を達成。事前に登録されていないばらばらなサイズやデザインの荷物の山からでも、確実に個別の荷物として認識できるという。

ばら積みの荷物での認識精度は99.9%にまで向上した(報道資料より)

NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(29) ダイバーテクノロジー

大学発ベンチャーの「起源」(29) ダイバーテクノロジー

2021/03/27

ダイバーテクノロジーはコンピューターシミュレーション技術を駆使したコンサルティングサービスを手掛ける山梨大学発のベンチャー企業。2020年12月に設立し、2021年3月17日に同大学が認定する初のベンチャー企業となった。

関連のM&Aニュース

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5