M&A速報

豊田通商<8015>、トーメンエレクトロニクス<7558>株式を公開買付け

2014/07/09

トヨタグループの総合商社である豊田通商は、予てより総株式数の40.16%を保有し、連結子会社としていたトーメンエレクトロニクス(東京都、売上高約1510億円)の全株式の取得に向け、公開買付けを行うことを決議した。

買付価額は1,650円で、豊田通商及びトーメンエレクトロニクスが本公開買付の実施を公表した日の前営業日である平成26年1月27日の東京証券取引所における対象者普通株式の普通取引終値1,187円に対し39.0%のプレミアム。

買付予定代金は約160億円。

買付期間は平成26年7月10日から平成26年8月21日。

豊田通商は本公開買付において、発行済みの対象者普通株式の全てを取得することを予定しているため、上限及び下限の設定はしていない。

なお、本公開買付により全株式を取得できなかった場合には、本公開買付成立後に少数株主の応募や賛成を前提として定款変更等により全株式を取得する予定。

また、本公開買付及び定款変更等の手続きにより、トーメンエレクトロニクスの株式は上場廃止を予定している。

関連の記事

大学発ベンチャーの「起源」(30) Kyoto Robotics ー 日立が惚れこんだスタートアップ

大学発ベンチャーの「起源」(30) Kyoto Robotics ー 日立が惚れこんだスタートアップ

2021/04/10

Kyoto Roboticsは、作業ロボットの目となる「3次元ビジョンシステム」や頭脳となる「AI制御システム」の技術開発を手掛ける立命館大学発のベンチャー企業。同大情報理工学部の徐剛教授が、2000年に「三次元メディア」として設立した。

【豊田自動織機】トヨタグループの源流が仕掛けるM&A戦略

【豊田自動織機】トヨタグループの源流が仕掛けるM&A戦略

2017/06/13

 豊田自動織機は、トヨタグループ創始者である豊田佐吉氏が自身で開発した自動織機の製造販売を目的として、1926年(大正15年)に設立された。いわばトヨタグループの源流をなす会社である。2016年で創業90年を迎えたが、果たして、日本を代表する大手企業の源流にある会社は、いかなる発想や手法でM&Aを推進してきたのか。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア