KOALA Tech(福岡市)は有機半導体レーザー技術を手がける研究開発型の大学発ベンチャー企業。2019年3月22日に設立され、まもなく1周年を迎える若い企業だ。

設立1周年を待たずして2.5億円の資金調達に成功

にもかかわらず、2020年3月18日にBeyond Next Ventures(東京都中央区)やSony Innovation Fund(東京都港区)、QB キャピタル合同会社(福岡市)、田中藍ホールディングス(福岡県久留米市)の 4社から総額 1 億 5000 万円の資金調達に成功。それまでにも1億円を超える資金を調達しており、ベンチャーキャピタルからの注目度が高い。

同社は九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター(安達千波矢センター⾧)が世界に先駆けて研究開発した有機半導体レーザーダイオード(OSLD)技術を実用化するために設立された。OSLDは有機材料を使った発光素子でレーザーを出す技術で、素子の内部にガラスで規則的に並んだ凹凸を作り、この構造で特定の光を増幅してレーザー光を発振する仕組み。

同センターでは2019年6月に、有機レーザー材料として低閾値(いきち)レーザー発振材料であるBSBCzを、積層構造には逆積層型OLED構造を、光共振器には1次2次の混合型DFB構造を、それぞれ利用することにより、世界で初めてOSLDの電流励起発振に成功している。

電気励起下で青色レーザー発光を生成する有機半導体レーザーダイオードの概略図(九州大学ホームページより)