日本の大学発ベンチャー企業数が2019年度(2019年9月時点)に前年度比288社増の2566社と、2500社を突破したことが経済産業省による調査で分かった。同調査は2019年9月から同10月にかけて大学や高等専門学校、TLO(技術移転機関)、インキュベーション施設、都道府など1092の学校・法人・団体にアンケートを実施し、77.9%に当たる851件の回答を得た。

社数、増加数ともに過去最高

1989年度以前は54社だった大学発ベンチャーだが、1995年度に112社と100社を超え、2004年度に1207社と1000社の大台に。2008年のリーマン・ショックによる景気減速で一時低迷するが、2017年度に2093社と2000社を突破している。2019年度の288社増は過去最高の伸びで、大学発ベンチャーの設立が加速していることが判明した。

大学発ベンチャー数の推移(経産省ホームページより)

2019年度はの大学発ベンチャーのIPO(株式公開)は、前年度と同じく3社増の65社に。大学発公開企業の時価総額合計は2兆5000億円となった。一方、M&Aによるイグジット(投資資金の回収)は前年度よりも3社増えて5社あった。2016年以降のイグジットは累計で17社あるという。