エヌジェイホールディングスは子会社のウィットワン(東京港区)を通じて、豊田通商傘下のISAO(東京都台東区)からゲーム運営サポート事業を会社分割により取得することを決めた。

ゲーム業界ではスマホゲーム市場の成長に伴い、ユーザーのゲーム評価などを素早く把握し運営に反映させる重要性が増しており、近年、カスタマーサポートという運営業務が拡大している。こうした流れをとらえ、エヌジェイホールディングスは従来の開発業務に加え、今期(2019年3月期)からカスタマーサポート業務に本格的に進出した。ISAOから事業承継するのはゲーム運営代行、メールサポート、電話サポート、ゲーム運営監視、ゲームローカライズ支援、人材派遣など。

取得価額は未確定。取得日2018年10月1日。