豊田通商は、エレクトロニクス専門商社のエレマテックに対して、子会社化を目的とした株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。エレマテックはTOBに賛同の意見を表明している。エレマテックは上場を維持する。

エレマテックは、独立系エレクトロニクス専門商社で、液晶、携帯電話、TV向けなどにカスタマイズした電気・電子材料を販売する。自動車や半導体関連向けの拡販を今後の成長戦略としている。豊田通商は、取扱い製品および販売ルートに補完関係を有するエレマテックを傘下に収めることで営業面における相乗効果を見込む。

TOBの買付価格は1株あたり1540円。

TOBの買付予定数は1044万1500株。エレマテック議決権の51.0%に相当する株式数を買付予定数の上限として設定する。