M&A速報

豊田通商<8015>、エレマテック<2715>をTOBにより子会社化へ

2011/08/01

豊田通商は、エレクトロニクス専門商社のエレマテックに対してTOB(株式公開買い付け)により同社株式の過半数を取得し子会社化を目指すと発表した。エレマテックはTOBに賛同の意見を表明している。エレマテックは上場を維持する。

エレマテックは独立系エレクトロニクス専門商社で、液晶、携帯電話、TV向けなどにカスタマイズした電気・電子材料を販売しており、自動車や半導体関連向けの拡販を今後の成長戦略としている。豊田通商はエレマテックを傘下に収めることで取り扱い製品や販売ルートの充実が図れると判断した。

買付価格は1株あたり1540円。買付予定数は1044万1500株で、買付価額は160億7000万円。買付期間は未定。

追記事項

2012-1-16

買付価格の1540円は公表前営業日の終値1097円に対して40.4%のプレミアムを加えた価格。買付期間は2012年1月17日から2月27日まで。決済の開始日は3月5日。

関連の記事

大学発ベンチャーの「起源」(30) Kyoto Robotics ー 日立が惚れこんだスタートアップ

大学発ベンチャーの「起源」(30) Kyoto Robotics ー 日立が惚れこんだスタートアップ

2021/04/10

Kyoto Roboticsは、作業ロボットの目となる「3次元ビジョンシステム」や頭脳となる「AI制御システム」の技術開発を手掛ける立命館大学発のベンチャー企業。同大情報理工学部の徐剛教授が、2000年に「三次元メディア」として設立した。

【豊田自動織機】トヨタグループの源流が仕掛けるM&A戦略

【豊田自動織機】トヨタグループの源流が仕掛けるM&A戦略

2017/06/13

 豊田自動織機は、トヨタグループ創始者である豊田佐吉氏が自身で開発した自動織機の製造販売を目的として、1926年(大正15年)に設立された。いわばトヨタグループの源流をなす会社である。2016年で創業90年を迎えたが、果たして、日本を代表する大手企業の源流にある会社は、いかなる発想や手法でM&Aを推進してきたのか。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア