アイシン精機とシロキ工業は、株式交換により経営統合することで合意した。アイシン精機を完全親会社とする株式交換で、シロキ工業は上場廃止となる予定。アイシン精機はシロキ工業の株式12.64%を所有している。

新興国を中心とするコスト競争が激化する中、経営統合することにより競争力を強化することにした。グローバル拠点の相互活用による生産体制を最適化するほか、アイシン精機はシステム・モジュール製品、シロキ工業は外装・機能部品へ集中することによる開発リソースの効率化を図る。

株式交換比率は未定。株式交換実施予定日は2016年4月1日。

追記事項

2015-5-13

株式交換比率はアイシン精機:シロキ工業=1:0074で、シロキ工業の普通株式1株に対して、アイシン精機の普通株式0.074株を割当交付する。