契約書レビュー(契約内容の再検討)業務は長時間かかるケースが多い。定型の契約書のレビューは面白みに欠けるとの声もある。そこで、手間がかかり業務効率の余地がある契約書レビューを、AI(人工知能)を活用して自動化しようという京都大学発のベンチャー企業が誕生した。「LegalForce(リーガルフォース)」がそれだ。

導入社数は100社超

同社は代表取締役CEO(最高経営責任者)の角田望氏と、代表取締役共同創業者の小笠原匡隆氏が2017年4月に設立した企業。 

角田氏は2010年京都大学法学部卒業後、同年に旧司法試験にトップ合格を果たした人物。司法修習生を経て2013年に森・濱田松本法律事務所に入所し、M&A案件、コーポレート・ガバナンス関連業務などの数々の法務案件を経験した。 

一方、小笠原氏は東京大学法科大学院の特別成績優秀者に選ばれ、司法試験に合格後、角田氏と同じく森・濱田松本法律事務所に入所した。 

その後、両氏はLegalForceを設立し、過酷な労働環境に置かれがちな法務担当者の業務改善を目指し、契約書レビュー業務に特化した契約書レビューソフトウエア「LegalForce」の開発に着手。2018年8月にオープンβ版の提供開始し、2019年4月に正式版の提供を始めた。 

正式版の投入から4カ月後の8月には導入社数は100社を超えた。この間、英文秘密保持契約書、OEM(相手先ブランド生産)契約書、建設工事請負契約書など複数の契約書の自動レビュー機能の追加も行った。