SBIホールディングスは子会社を通じて、韓国の出資先で、投資顧問会社のKTIC GLOBAL INVESTMENT ADVISORY CO., LTD.(ソウル市。純資産約7億1600万円)を子会社化する。KTIC GLOBALが実施する約4億円の第三者割当増資を引き受け、株式の所有比率を29%から40.1%(運営ファンド持分を併せると45.0%)に引き上げる。

KTIC GLOBALは、韓国金融市場で注目を集める金融商品のSPAC(Special Purpose Acquisition Company、上場バイアウトファンド)のマーケットリーダーで、3本のファンド設立を進めている(2本は設立済み)。今回の調達資金は、同分野における事業展開へ充当する。増資後、社名をSBI GLOBAL INVESTMENT CO., LTD.へと変更する。

取得価額は約4億円。取得予定日は2010年5月中。