M&A速報

大和証券グループ本社<8601>、インドで新生銀行傘下のアセットマネジメント会社を買収

2010/03/29

大和証券グループ本社と大和証券投資信託委託は、新生銀行傘下でインドのアセットマネジメント会社Shinsei Asset Management(ムンバイ)とShinsei Trustee Company(ムンバイ)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

Shinsei Asset Managementは2007年設立で、ムンバイの本店に加えインド大都市に4支店を保有し、銀行や証券会社など多数の投資信託販売会社と販売契約を締結している。Shinsei Trustee Companyは、受託会社として運用会社を監視し、投資家の権利・利益を保護する役割を担っている。

大和証券グループはインド国内のアセットマネジメント事業への新規参入で、アジアでのビジネス基盤をより強固なものにし、収益拡大を目指す。

取得価額、取得予定日ともに非公表。

M&Aデータベース

関連の記事

新生銀、新株予約権の無償割当で発行登録 最大2.2億円

新生銀、新株予約権の無償割当で発行登録 最大2.2億円

2021/09/23

9月22日、新生銀行は買収防衛策の導入に伴い、22日付で新株予約権の無償割り当てに係る発行登録を行ったと発表した。

SBIホールディングスによる新生銀行のTOB価格は高すぎる?

SBIホールディングスによる新生銀行のTOB価格は高すぎる?

2021/09/17

SBIホールディングスによる新生銀行への株式公開買い付け(TOB)が話題になっています。このTOB価格(2,000円/株)は、高いのでしょうか、安いのでしょうか。証券アナリストの視点で検証してみたいと思います。

SBIによるTOB対応で新生銀、現時点で決定事実はないと発表

SBIによるTOB対応で新生銀、現時点で決定事実はないと発表

2021/09/15

9月15日、新生銀行は、SBIホールディングスによる株式公開買い付け(TOB)に関連して、「様々な検討を行っている」としたものの、現時点において決定している事実はない、とするコメントを発表した。

【6月M&Aサマリー】過去10年で最多の55件も、コロナで「国内回帰・小型化」鮮明

【6月M&Aサマリー】過去10年で最多の55件も、コロナで「国内回帰・小型化」鮮明

2020/07/02

6月のM&Aは前年同月比8件増の55件だった。6月として過去10年間で最多。ただ、海外案件は9件と2018年6月以来2年ぶりに1ケタにとどまり、国内回帰の構図が鮮明に。案件の小型化も顕著で、新型コロナ感染による慎重姿勢の広がりがうかがえる。

大手の参入でハードル下がる「仮想通貨」 アプリでの取引も

大手の参入でハードル下がる「仮想通貨」 アプリでの取引も

2019/04/03

仮想通貨を巡る動きが慌ただしくなってきた。価格が低迷し、関心が薄れている仮想通貨だが、BtoBマーケットが充実していく兆候があるとの声もあり、2019年はさまざまな動きが表面化しそうだ。

2018年は副業元年。副業解禁で注目の大手企業

2018年は副業元年。副業解禁で注目の大手企業

2018/05/12

副業を希望する人材と企業をつなげるシューマツワーカーが、事業拡大資金として4000万円の調達に成功したのをはじめ、今、世間から熱い注目を集めている副業市場。「副業元年」と呼ぶべき2018年になって副業解禁した大手企業を紹介する。

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017/12/27

2017年外食産業のM&A動向を語るうえで、外せないキーワードが2つある。1つは「海外進出」。2つ目は「ポートフォリオの拡大」だ。

「山一証券」廃業から20年、金融版図は一変した

「山一証券」廃業から20年、金融版図は一変した

2017/11/24

山一証券が破たんして今日で20年になる。1997年11月24日、自主廃業の届けを出し、四大証券の一角が崩れた。この1週間前には北海道拓殖銀行が行き詰まり、都市銀行として初めて破たんした。「悪夢の一カ月」を経て、業界版図は一気に塗り替えられることになった。

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

2015/09/30

M&Aを実行するときに失敗を想像する経営者はいないはず。しかし、買収時の想定に反して巨額損失の計上に追い込まれるM&Aは、いつの時代にも少なからず存在する。失敗から学ぶため、その一部を見てみよう。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア