SBIホールディングスは、少額短期保険商品の販売・引受を行っている日本震災パートナーズ(東京都新宿区)の株式83.1%を取得し子会社化することを決議した。

日本震災パートナーズは2006年に設立以降、地震被災者向け保険商品を販売しており、今後は地震補償保険に限らず顧客ニーズの高い新たな商品の取り組みを予定している。SBIホールディングスは生保事業への再参入を計画していることから、子会社化は保険市場の動向や顧客ニーズなどを量る上で有益であると判断した。

取得価額は非公表。株式取得予定日は未定。