三菱マテリアルは、三菱電線工業を完全子会社化することを決議した。三菱マテリアルが三菱電線工業の発行済み株式をすべて株式交換によって取得し、三菱電線工業は上場廃止となる。

三菱電線工業は事業構造改革の一環として電装部品事業の強化を進めてきたが、経営環境の悪化で収益回復が見込めない状況が続いていた。三菱マテリアルは三菱電線工業を子会社化し、機動的な経営判断を行うことができる経営体制を構築する。また、三菱電線工業の持つ技術顧客基盤と三菱マテリアルの技術を組み合わせ、市場の多様なニーズに応える新製品の開発を目指す。

株式交換比率は三菱マテリアル1:三菱電線工業0.32で、三菱電線工業の1株に対し三菱マテリアルの0.32株を割り当てる。

株式交換実施予定日は2010年3月12日。