SBIホールディングスは、カンボジアの子会社SBIプノンペン証券が同国最大手財閥であるRoyal Group of Companies(プノンペン)の証券子会社が2011年11月をめどに合併すると発表した。

合併して設立する新会社はSBI Royal Securities Co., Ltd。 資本金は8億8200万円で、SBIホールディングスが71%、ロイヤルグループ社関係者が29%を所有する予定。カンボジア証券取引所への上場を目指しているロイヤルグループ社の関連事業会社を支援するなど、同社との協業を見込む。

また、SBIホールディングスとロイヤルグループは、カンボジア企業を主な投資対象とする投資ファンドを設立するとしている。出資総額は最大約38億8000万円で両社で折半する。年内の運用開始を目指す。