「景気が悪くなると、不動産関連企業が買収される」は本当か?

alt
大都市に優良物件を持つ不動産企業はM&Aのターゲット?

2020年11月20日、三井住友ファイナンス&リース(F&L)が不動産投資信託(J-REIT)運営のケネディクス<4321>にTOB(株式公開買い付け)を実施し、子会社化すると発表した。「景気が悪い時には不動産関連企業が買収される」と言われるが本当なのか?

今年の不動産企業M&Aは過去10年で3位と活況

今年は11月26日までに不動産業界で33件のM&Aがあった。2011年以降の10年間ではすでに2番目。トップの2019年(35件)に迫る勢いだ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で、日本経済は過去最悪の景気低迷に見舞われており、まさに「景気が悪い時には不動産関連企業が買収される」状況に見える。

M&A件数 実質経済成長率
2011 17 -0.1
2012 23 1.5
2013 18 2.0
2014 23 0.4
2015 13 1.2
2016 24 0.5
2017 30 2.2
2018 22 0.3
2019 35 0.7
2020 33 -5.3
  *11/27時点 *暦年。2019年までは内閣府発表、2020年は10月のIMF予測

NEXT STORY

買収総額は前年の2倍に 2019年の住宅・不動産業界

買収総額は前年の2倍に 2019年の住宅・不動産業界

2019/12/19

2019年の住宅・不動産業界でのM&Aは件数で前年(22社)の約1.4倍の31社、取引総額でも前年(1026億9620万円)の約2.1倍の2221億5800万円と大きく成長。東証適時開示情報のうち経営権の移動を伴うM&Aについて集計した。​

関連のM&Aニュース