M&A速報

三菱UFJ<8306>、タイのアユタヤ銀行をTOBで買収へ

2013/07/02

三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社である三菱東京UFJ銀行は、タイ大手商業銀行のBank of Ayudhya Public Company Limited(アユタヤ銀行)(バンコク。営業利益974億円)に対して子会社化を目的に株式公開買い付け(TOB)を実施することを決議した。株式所有割合は最大で75%となる。

アユタヤ銀行はタイにおいて5番目の資産規模を持つ商業銀行であり、法人金融、消費者金融、投資、資産運用等の包括的な金融サービスを展開している。

三菱東京UFJ銀行は、アジアにおける事業展開の一環として、総合的な商業銀行プラットフォームの構築を目指してきた。子会社化の後、三菱東京UFJ銀行バンコク支店とアユタヤ銀行の統合を図り、高い経済成長が見込まれるメコン川流域の新興国経済圏での事業展開を進める。

TOBの買付価格は1株あたり約125円(39バーツ)。

TOBの買付予定数は発行済株式総数の75%で、買付額は最大約5600億円。

公開買付期間は2013年11月上旬から12月まで。

M&Aデータベース

関連の記事

【日本M&A史】「三大メガバンク」の成立 金融危機の発生と長期化(11)

【日本M&A史】「三大メガバンク」の成立 金融危機の発生と長期化(11)

2021/02/23

「失われた十年」と呼ばれた90年代における日本の経済危機の直接的な要因が、事業会社からみれば債務の累積、銀行側からみれば不良債権の累積にあったことはよく知られている。金融改革で日本は、ユニヴァーサルバンクではなくメガバンク路線を選択した。

日産は本当に「三菱自動車との資本提携を維持」するのか?

日産は本当に「三菱自動車との資本提携を維持」するのか?

2020/11/30

日産自動車が三菱自動車株式の売却を検討している報道について、「資本関係の見直しを行う予定はありません」とのコメントを発表した。だが、それを「額面通り」に受け取る関係者はいない。すでに提携のシナジー効果は期待できず、株式譲渡は時間の問題だ。

「メガバンク」以前、都市銀行は最盛期に15行あった!

「メガバンク」以前、都市銀行は最盛期に15行あった!

2020/09/29

みずほフィナンシャルグループが発足したのは20年前の9月29日。都市銀行といえば、大手銀行の代名詞。現在は「三菱UFJ」「三井住友」「みずほ」「りそな」の4行に集約されているが、戦後の最盛期は15行を数えたことをご存知だろうか。

成城石井をローソンに売却した投資ファンド・丸の内キャピタルとは

成城石井をローソンに売却した投資ファンド・丸の内キャピタルとは

2020/06/21

丸の内キャピタルは、2008年に三菱商事とMUFGが共同で出資して設立した投資ファンドです。日本国内で絶大な信用力を持つ2社のネットワークに支えられ、タカラトミーやジョイフル本田、成城石井など名だたる企業に多数投資をしてきました。

【三菱自動車】落日のスリーダイヤ、外資に買われ「失ったもの」

【三菱自動車】落日のスリーダイヤ、外資に買われ「失ったもの」

2020/06/18

三菱自動車の業績がさえない。2020年3月期連結決算では3期ぶりに当期損益で257億円の赤字になった。実は三菱は買収をしかけたことがない。ただ、過去2度にわたって同業他社の傘下に入っている。しかも「外資」だ。外資支配で三菱は何を失ったのか?

【りそな】銀行らしいスマホ決済サービスを投入 現金派に一石か

【りそな】銀行らしいスマホ決済サービスを投入 現金派に一石か

2019/02/21

りそなホールディングス<8308>傘下の、りそな銀行と埼玉りそな銀行が、銀行らしいスマートホン決済サービスを2019年2月25日から始める。

メガバンクのキャッシュレス化に広がり 政府機関との連携も

メガバンクのキャッシュレス化に広がり 政府機関との連携も

2019/02/16

メガバンクによるキャッシュレス社会の実現に向けた動きが広がってきた。キャッシュレス化進展に伴う、企業によるシェア争いは今後、政府を巻き込んだ方向にも広がりそうだ。

携帯電話で送金可能な新サービス 「ブロックチェーン」で実現

携帯電話で送金可能な新サービス 「ブロックチェーン」で実現

2018/07/31

携帯電話で送金できる新サービスが近く、スタートする見通しだ。仮想通貨技術の一つであるブロックチェーンを用いたもので、送金手数料が大幅に安くなるため、今後同システムは急速に普及しそうだ。

巨大銀行が「仮想通貨」を体内に取り込む理由とは

巨大銀行が「仮想通貨」を体内に取り込む理由とは

2018/05/18

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の日本の3巨大銀行(メガバンク)がそろって仮想通貨の技術を用いた送金や決済などの実証実験に乗り出した。このことから銀行が仮想通貨を体内に取り込み、活用する方向が鮮明になった。

「山一証券」廃業から20年。金融版図は一変した

「山一証券」廃業から20年。金融版図は一変した

2017/11/24

山一証券が破たんして今日で20年になる。1997年11月24日、自主廃業の届けを出し、四大証券の一角が崩れた。この1週間前には北海道拓殖銀行が行き詰まり、都市銀行として初めて破たんした。「悪夢の一カ月」を経て、業界版図は一気に塗り替えられることになった。

【モルガン・スタンレー】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ <1>

【モルガン・スタンレー】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ <1>

2017/10/27

M&Aのアドバイザーとしても活躍する外資系金融機関。名前はよく耳にするけど、実はどんな金融機関なのかよく知らないという人もいるのでは? そこで、各社の沿革、日本法人の情報、日本企業に関連した主なM&A案件などをまとめてみました。第1回は、米ニューヨークを本拠地に世界42ヵ国以上にオフィスを展開するモルガン・スタンレーを取り上げます。

海外金融機関のコーポレート・ベンチャー・キャピタル活用事例

海外金融機関のコーポレート・ベンチャー・キャピタル活用事例

2017/10/04

近年、海外では「金融機関」がCVCを設立するという動きが見られている。金融機関がCVCを設立することの意味は何なのか。日本の金融機関の動向にも触れながら解説したい。

「企業のメインバンク」調査 金融グループ1位は三菱UFJ FGに

「企業のメインバンク」調査 金融グループ1位は三菱UFJ FGに

2017/08/13

東京商工リサーチ調べによると、国内の約150万社のメインバンクは、金融グループでは三菱UFJフィナンシャル・グループがシェア8.2%でトップ、個別行でも三菱東京UFJ銀行がトップを守る結果となった。大都市圏は大手行が優位を維持するものの、地方では地方銀行のシェアが圧倒し、信用金庫も都道府県内シェアの上位にランクインが目立った。

東芝の半導体事業売却は、新たな国賊行為の始まり

東芝の半導体事業売却は、新たな国賊行為の始まり

2017/07/09

東芝は取締役会で、分社化した半導体事業会社の売却を巡り、産業革新機構、米ベインキャピタル、日本政策投資銀行からなるコンソーシアムに優先交渉権を与えると決定しました。ファンドによる企業買収とは、日産自動車を買収したルノーや、シャープを買収した鴻海グループなどに比べて「はるかにタチが悪い」ものなのです。新たな国賊行為が始まるようです。

【三菱重工業】揺れる750社のグループ中核企業の今後は

【三菱重工業】揺れる750社のグループ中核企業の今後は

2016/06/07

自社の米国原発事故の賠償請求問題、三菱自動車が引き起こした燃費不正事件などで注目を浴びる三菱グループ。強固な財務基盤が揺らぐことはないものの、果断な対応が望まれる日本を代表する企業グループをM&Aの側面から分析する。

M&A速報検索

クリア