SBIホールディングスは、これまで持分法適用関連会社であった私設取引システム(PTS)運営業務を手掛けるSBIジャパンネクスト証券(東京都千代田区)の株式を取得し子会社化することを決議した。SBIホールディングスの持株所有割合は47.4%から53.1%に引き上がる。

SBIジャパンネクスト証券の運営する私設取引システムの「ジャパンネクストPTS」は、2007年に運営を開始以降、順調に売買代金を拡大し、現在では大阪証券取引所を上回る国内第2位の取引市場となるまでに成長している。SBIホールディングスは、今回の子会社化により、事業環境の変化などに迅速に対応できる体制を構築し、同社のさらなる企業価値の向上を図る。

取得価額は非公表。取得日は2012年9月28日。