menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【明治ホールディングス】M&Aをテコに「医薬品」が存在感増す

Cover f75345a9 f6e8 466b 8d9c efe3577d05ad
本社ビル(東京都中央区)

化血研の受け皿会社を子会社化へ

 明治ホールディングス(HD)<2269>は菓子、乳業を中心とする食品業界のリーディングカンパニー。売上高は1兆2000億円を超える。食品のイメージが圧倒的な同社だが、近年、医薬品での存在感が着実に増しつつある。その推進役はほかでもないM&Aだ。

「明治HD、化血研の新会社を子会社化へ」。2017年12月13日付の新聞各紙は一斉にこう報じた。この前日、明治HDは、一般財団法人「化学及血清療法研究所」(熊本市)の事業を引き継ぐために設立される受け皿会社を連結子会社すると発表した。血液製剤の不正製造問題で経営刷新が求められていた化血研をめぐる混乱から2年。この間、アステラス製薬<4503>が支援に乗り出すとの観測も一時伝えられたが、ようやく化血研の事業再生への道筋が見えることになった。

 新会社は、人体用ワクチン、血漿分画製剤、動物用ワクチンなどの主要事業を現物出資などで承継し、2018年9月までに設立する計画。新会社は明治グループが議決権の49%(98億円)を持つ筆頭株主(明治HD29%、Meiji Seikaファルマ20%)となり、えがおホールディングス、熊本放送、再春館製薬所など7者の地元企業グループが49%(98億円)、熊本県が2%(4億円)を出資する。

ワクチンの販売強化と海外展開を狙う

 明治グループによるトータルの株式取得額は約180億円(無議決権株式75億円を含む)。明治側から取締役の過半数を送り込み、経営を主導する。化血研の事業を取り込むことで、感染症に対する予防から治療にいたるバリューチェーンの構築、ワクチンの国内販売強化と海外展開などを狙っている。

 化血研は1945年12月設立で、インフルエンザワクチンや4種混合ワクチン、肝炎ワクチンなどの開発、製造、供給で国内有数の実績を持つ。ただ、一連の不正製造問題で、2017年3月期の業績は売上高が前期比4割減の266億円、営業利益が同8割減の18億円と大幅に落ち込んでいた。

 明治HDは2009年、明治製菓と明治乳業が経営統合し、持ち株会社として誕生した。2年後の2011年、グループ内の事業再編によって、食品会社の「明治」と医薬品会社の「Meiji Seikaファルマ」がそれぞれ発足し、現在にいたる。

〇連結売上高・営業利益の推移 (いずれも3月期決算。単位億円)

2013年2014年2015年2016年2017年2018年(予想)
売上高 1兆2265 1兆1480 1兆1611 1兆22374 1兆2424 1兆2623
 ・食品 1兆0003 1兆0142 1兆0212  1兆0607 1兆0815 1兆0902
 ・医薬品   1261   1338     1398    1629   1609    1732
営業利益    258       364    515     777     883      965
営業利益率%    2.3     3.2     4.4      6.4     7.1      7.6

食品トップランナー。森永にも大きくリード

 食品業界(ビール、清涼飲料水など飲料会社を除く)で、売上高1兆円を超えるのは明治HD、日本ハム<2282>、味の素<2802>、山崎製パン<2212>の4社だけ。直接のライバルと目される森永乳業<2264>・森永製菓<2201>(合計で約8000億円)との開きも大きい。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

アステラス製薬<4503>、バイオベンチャーの米ユニバーサル・セルズ社を買収

明治ホールディングス<2269>、化血研の事業承継会社を子会社化

味の素<2802>、米国医療食品会社キャンブルックを子会社化

アサヒグループHD<2502>、子会社をPEファンドへ譲渡

味の素<2802>、トルコ食品会社を57億円で買収

日本ハム<2282>、ウルグアイ大手食肉加工会社を子会社化

アサヒグループホールディングス<2502>、中東欧5ヵ国のビール事業子会社化

味の素<2802>、核酸医薬品の開発・製造受託会社を子会社化

味の素<2802>、オルジェン社を子会社化

味の素<2808>、アフリカの 調味料・加工食品メーカーの株式を558億円で取得

アサヒグループホールディングス株式会社<2502>、持分法適用関連子会社を売却

アステラス製薬<4503>、医薬品の製剤・包装工場保有子会社を米国の医薬品の受託製造会社に譲渡

日本ハム<2282>、北海道の乳業メーカーとの資本業務提携へ向けた基本合意締結へ

アサヒグループホールディングス<2502>、欧州ビール事業会社4社を子会社化へ

アステラス製薬<4503>、グローバル皮膚科事業をデンマーク LEO Pharma社に譲渡

アステラス製薬<4503>、米国のバイオテクノロジー企業を買収および公開買付けへ

アステラス製薬<4503>、愛知県の清須工場における事業を譲渡

エーザイ<4523>の消化器疾患領域事業と味の素製薬、統合契約を締結

味の素<2802>、味の素ゼネラルフーヅを完全子会社化。

アサヒビール、ワイン販売大手のエノテカを買収

日本ハム<2282>、トルコの大手養鶏事業会社を子会社化

味の素<2802>、米国冷凍食品会社を買収。

アサヒグループの海外子会社がマレーシアの乳製品事業各社の買収を発表。

味の素<2802>、トルコの食品会社の株式取得を発表。

アサヒグループホールディングス<2502>、PT Multi Bahagiaとの合弁会社の設立を発表。

花王<4452>と味の素<2802>、健康ソリューションビジネスで事業提携。

アサヒグループホールディングス<2502>、カルピスを子会社化。

アサヒグループホールディングス<2502>、ニュージーランド・豪州酒類会社に関する株式を取得

アサヒグループホールディングス<2502>、マレーシア飲料会社を買収

アサヒグループホールディングス<2502>、ピー・アンド・エヌ・ビバレッジズ・オーストラリアを子会社化。

アサヒグループホールディングス<2502>、ニュージーランドのCharlie’s Group Limitedの株式の公開買付を開始。

森永製菓<2201>、子会社の森永フードサービスを西洋フード・コンパスグループに譲渡

アサヒビール<2502>、豪州飲料会社の株式を取得、子会社化

アステラス製薬<4503>、米OSI Pharmaceuticals社に対する株式公開買い付けを終了

アステラス製薬<4503>の米国OSI Pharmaceuticals社に対する公開買付が成立

アサヒ飲料、ハウス食品<2810>からミネラルウォーター「六甲のおいしい水」事業を取得

アステラス製薬<4503>のOSI Pharmaceuticalsの公開買付をOSI Pharmaceuticalsが拒否

アステラス製薬<4503>、米国医薬品会社OSI Pharmaceuticals社に対する株式公開買付けを開始

あみやき亭<2753>、日本ハム<2282>孫会社のスエヒロレストランシステムを買収

山崎製パン<2212>日糧製パン<2218>の株式取得

NEXT STORY

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A 20件に迫る

注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92