M&A速報

明治ホールディングス<2269>、インドの医薬品メーカーを子会社化

2014/06/11

明治ホールディングス(株)の事業子会社である Meiji Seika ファルマ(株)(以下「Meiji Seika ファルマ」)及びグループ会社は、Medreich Limited(インド、売上高160億円(157百万米ドル)、営業利益24億5000万円(24百万米ドル)、純資産99億2000万円(97百万米ドル)、以下「メドライク」)の全発行済株式を取得することについて、株式譲渡契約を締結した。

メドライクはインドを生産拠点として、医薬品製剤の受託製造・受託開発製造及び、ジェネリック医薬品の製造・販売をグローバルに展開している。一方、Meiji Seika ファルマは、感染症・中枢神経系領域における新薬の研究開発・製造・販売ならびにジェネリック医薬品の提供を通じて、また農薬・動物薬事業を通じて、世界の人々の健康と生活充実に貢献するとしている。ジェネリック医薬品市場は急速に拡大しており、またアジアや新興国では安価な医薬品への強い需要が今後も見込まれている。こうした環境下、メドライクを買収することは、低コスト生産かつ生産数量の拡大のためのインフラ獲得、低価格薬剤の需要増加が見込まれるインドやアジア・アフリカ諸国におけるジェネリック医薬品の販売網拡大の実現につながるとしている。

株式取得価額は296億円(290百万米ドル)。

株式譲渡実行日は非公表。

※1米ドル=102.36円にて換算。

M&Aデータベース

関連の記事

新型コロナの「国産ワクチン」実用化に向け一歩前進

新型コロナの「国産ワクチン」実用化に向け一歩前進

2021/10/24

新型コロナウイルス用の国産ワクチンの実用化が一歩一歩前進している。塩野義製薬、第一三共、KMバイオロジクス、アンジェスの4社が先行しており、早ければ2022年にも使用できる見通しだ。各社の最新の動きを見てみると。

ワクチン接種をためらっている人に朗報「KMバイオロジクス」が国産新型コロナワクチンの実用化を1年前倒し

ワクチン接種をためらっている人に朗報「KMバイオロジクス」が国産新型コロナワクチンの実用化を1年前倒し

2021/09/23

明治ホールディングス傘下の製薬会社であるKMバイオロジクスは、開発中の新型コロナウイルス用国産ワクチンの実用化時期を当初予定の 2023年度中から2022年度中に1年前倒しする。

「Meiji」が韓国企業との合弁を解消し、開発に力を入れる医薬品「DMB-3115」とは

「Meiji」が韓国企業との合弁を解消し、開発に力を入れる医薬品「DMB-3115」とは

2021/07/29

Meiji Seikaファルマは2021年9月末に、韓国の東亜ソシオホールディングス(ソウル市)との合弁会社であるDMバイオについて、Meijiが保有するDMバイオの全株式を 東亜グループに譲渡する。

新型コロナの「国産ワクチン」一番乗りはどこ?年内にも承認か

新型コロナの「国産ワクチン」一番乗りはどこ?年内にも承認か

2021/05/01

河野太郎新型コロナウイルスワクチン接種担当大臣が、早ければ年内にも国産ワクチン承認の可能性に言及した。これで、ようやく国産ワクチンの承認にめどがついたと言えそうだ。

「新型コロナ」4社4様の日本製ワクチン ようやく臨床試験に

「新型コロナ」4社4様の日本製ワクチン ようやく臨床試験に

2021/03/25

第一三共とKMバイオロジクスの両社は2021年3月22日に、新型コロナウイルス感染症向けワクチンの国内第1/2相臨床試験を始めた。先行しているアンジェス、塩野義製薬と合わせ、臨床試験に乗り出した国内企業は4社となった。4社のワクチン開発はどのような状況にあるのだろうか。

​臨床試験が始まった塩野義の新型コロナウイルス向け「国産ワクチン」とは?

​臨床試験が始まった塩野義の新型コロナウイルス向け「国産ワクチン」とは?

2020/12/18

塩野義製薬は2020年12月16日に、新型コロナウイルス感染症ワクチンの第1/2相臨床試験を始めた。日本企業としてはアンジェスに次ぐ2社目となる。塩野義のワクチンとはどのようなものなのか。

新型コロナ「ワクチン」の国内生産が一気に5億回分に 武田薬品も米社製で参入​

新型コロナ「ワクチン」の国内生産が一気に5億回分に 武田薬品も米社製で参入​

2020/08/12

新型コロナウイルス向けワクチンの量産体制が整いつつある。厚生労働省はワクチン生産体制の緊急整備事業として、国産ワクチンの開発を手がける4社と外国製ワクチンの量産にかかわる2社に助成金を交付する。

日本の新型コロナ「ワクチン開発」に新たな顔ぶれ

日本の新型コロナ「ワクチン開発」に新たな顔ぶれ

2020/08/05

新型コロナウイルスワクチン開発に新たな顔ぶれが加わることになった。ユナイテッド・イミュニティが、京都大学、長崎大学の両大学と連携して、ナノ粒子型たんぱくワクチンの開発に乗り出した。

新型コロナウイルスの「ワクチン開発」日本が置かれた状況は

新型コロナウイルスの「ワクチン開発」日本が置かれた状況は

2020/07/31

新型コロナウイルスワクチンを巡る動きが慌ただしくなってきた。日本政府は海外製ワクチンの確保に動き出しており、日本での実用化の時期が早まる可能性もある。日本が置かれた状況を見てみると。

【明治ホールディングス】M&Aをテコに「医薬品」が存在感増す

【明治ホールディングス】M&Aをテコに「医薬品」が存在感増す

2017/12/26

明治ホールディングス(HD)は菓子、乳業を中心とする食品業界のリーディングカンパニー。売上高は1兆2000億円を超える。食品のイメージが圧倒的な同社だが、近年、医薬品での存在感が着実に増しつつある。その推進役はほかでもないM&Aだ。

幻となった「森永ホールディングス」乳業・製菓の経営統合が破談 投資家は失望売り

幻となった「森永ホールディングス」乳業・製菓の経営統合が破談 投資家は失望売り

2017/04/02

森永乳業と森永製菓は経営統合に向けて検討を終了すると発表した。統合によって、明治ホールディングスに続く総合菓子・乳業メーカーが誕生すると期待されていただけに投資家の失望は大きく、両社の株価は急落している。

「森永ホールディングス」誕生へ 経営統合の効果は?

「森永ホールディングス」誕生へ 経営統合の効果は?

2017/03/04

森永乳業と森永製菓が2018年4月をめどに経営統合を検討していることが明らかになった。実現すれば、明治ホールディングスに続く総合菓子・乳業メーカーが誕生する。会社側の発表に先立ち「森永ホールディングス」を統合効果を試算した。

【企業力分析】明治 VS 雪印

【企業力分析】明治 VS 雪印

2016/01/13

明治ホールディングスと雪印メグミルクの乳業大手2社を専門家が分析する。乳業という共通事業の両社の企業力はいかに。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5