menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【明光ネットワークジャパン】本業を軸にM&Aによって業容を拡大

Cover 62e4f95b bb53 410a 84f8 6f4623ee92f0
Photo by キイロイトリ

本業を軸にM&Aで業容を拡大

  「YDK」でおなじみの明光ネットワークジャパン<4668>は個別指導塾の分野でトップランナーである。全国に2,012教室(2016年8月時点)を擁し、個別指導塾市場で10.6%のマーケットシェアを得ている。

 しかし教育業界は、少子高齢化により何もしなければ各社、売上が右肩下がりになることは必至との見通しだ。シュリンクする市場の中で、子供の獲得を巡り、激しいシェア争いをする格好である。

 さらに、2020年をメドに実施される学習指導要領の改訂や大学入試制度の改革等が待ち構えている。その中で、明光ネットワークジャパンはM&Aを通して生き残りを図るようだ。看板である明光義塾を収益の柱を据えながら、虎視眈々と新規事業の拡大を目論む。

【企業概要】明光義塾が利益の基盤

 明光ネットワークジャパンは、日本初の個別指導塾「明光義塾」を中心に、複数のブランドを展開し、教育事業を運営する。また、フランチャイズ事業として独自のフランチャイズシステムに基づき、継続的な事業ブランド運営を行っている。教育事業を核とした、人づくりのトップカンパニーを目指している。

 事業領域は下表のように大きく分けて4つある。

事業領域事業内容

直営

個別指導塾「明光義塾」直営教室における学習指導及び教材、テスト等商品販売

FC

個別指導塾「明光義塾」フランチャイズ教室における教室開設指導、経営指導及び教室用備品、教室用機器、教材、テスト、広告宣伝物等商品販売

予備校

医系大学受験専門予備校の経営(株式会社東京医進学院)

その他

子ども対象のサッカースクール「明光サッカー」事業・高学力層向け個別指導塾「早稲田アカデミー個別進学館」事業・長時間預かり型学習塾「キッズ」事業・韓国人生徒向け個別指導塾「MEIKO PLUS Academy」事業・受験情報誌の発行、模擬試験制作、教材販売及び学内予備校の運営等(株式会社ユーデック)・学術専門書出版(株式会社晃洋書房)

明光ネットワークジャパンウェブサイト セグメント情報より

 セグメント別売上高を見るとメインの明光義塾の直営、FC事業を軸に、新規事業により事業の多角化を図ろうとしていることがわかる。しかし、セグメント別営業利益を見ると、実質的に収益基盤となっているのは明光義塾の直営、FC事業であり、新規事業は先行投資の状態である。本業の収益が安定しているうちに新規事業の柱を作ろうとする経営方針が見て取れる。

同社、決算資料より引用

【経営陣】田上節朗氏は2代目社長

現在の経営者は下表のとおり。現社長の田上節朗氏は2代目である。田上氏はTBSホールディングスに入社後、平成17年、明光ネットワークジャパンの取締役に就任。その後、平成27年に代表取締役に就任した。

役職名氏名年齢
代表取締役会長 渡邉弘毅 74歳
代表取締役副会長 奥井世志子 62歳
代表取締役社長 田上節朗 61歳
取締役副社長 山下一仁 57歳
常務取締役 佐藤浩章 56歳
取締役 堀内航志 47歳
取締役 原田昌宏 65歳
取締役 八尾紀子 49歳

 創業者である渡邉弘毅氏は平成27年の10月に代表取締役から退任し、代表取締役会長に就任している。また、長年同社の代表取締役副社長であった奥井世志子氏は代表取締役副会長に就任した。そのほか社外取締役として原田昌宏氏、八尾紀子氏、松下和也氏、小口隆夫氏、雨宮丈洋氏ら法曹関係者、金融機関関係者がいる。

【大株主の状況】オーナー色は比較的薄い

 筆頭株主は7.19%保有する公益財団法人明光教育研究所である。同法人は学生に対する教育費の援助を目的としており、一昨年、渡邉会長と奥井世志子副会長が、所有する株を基金として設立した法人である。

 その次に、代表取締役会長の渡邉弘毅氏が6.45%保有する。そして学研ホールディングスが3.98%。これは平成20年の資本業務提携によって双方の株式を数パーセントずつ持ち合っているものだ。

 そのほか、金融機関系がそれぞれ3%程度保有する。以上のことから、一部創業者が株を保有するものの、比較的オーナー色が薄い株主構成と言える。

株主名称保有株式数(千株)保有株式割合(%)保有時価(百万円)
(公財)明光教育研究所 2,000 7.19 2,529
渡邉弘毅 1,795 6.45 2,269
(株)学研ホールディングス 1,107 3.98 1,400
明光(株) 1,000 3.60 1,266
BBHフィデリティロープライスドストックファンドプリンシパル 890 3.20 1,125
日本マスタートラスト信託銀行 833 3.00 1,055
奥井世志子 793 2.85 1,002
ザバンクオブニューヨーク134104 750 2.70 950
日本トラスティ・サービス信託銀行 725 2.61 918
UBSエージーロンドン 562 2.02 710

2017年2月現在

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

人を大切にする経営につながる「MEBO」という手法とは

人を大切にする経営につながる「MEBO」という手法とは

首都圏や中部地方を中心に学習塾を展開する湘南ゼミナールが2017年7月5日付でMEBOの実施を発表した。MEBO(Management and Employee Buy Out)は、経営陣と従業員が一体となって自社の経営権を取得する手法であるが、その活用事例は決して多いとはいえない。そこで今回は、このMEBOという手法に迫ってみたいと思う。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344