味の素及び同社のベルギー子会社は、国内有数の核酸医薬品の開発・製造受託会社であるジーンデザイン(売上:7億円)の発行済全株式を取得することに合意し、株式売買契約を締結した。

ジーンデザインは、2000年に創業し、現在国内有数のオリゴ核酸の開発・製造受託会社である。同社は核酸医薬品の製造に必要とされている固相合成法に関連する高度な技術や、厳格な品質管理・ノウハウを有していることから、国内の製薬メーカーや研究機関など幅広い顧客から高い評価を得ている。本件買収により、味の素グループのオリゴ核酸製造技術、医薬品の製造機能・ノウハウ及びジーンデザイン社の持つ経営資源との相乗効果で、成長著しい核酸医薬品の開発受託分野での事業拡大を加速させる。

株式取得価額は非公表。

契約締結日は、2016年12月9日。

株式譲渡実行予定日は、2016年12月下旬。