日清食品ホールディングス(株)(以下「日清食品ホールディングス」)は、味の素(株)(以下「味の素」)との合弁会社であり、即席麺の製造及び販売を行う持分法適用関連会社NISSIN-AJINOMOTO ALIMENTOS LTDA.(ブラジル、売上高229億円(695,198千ブラジルレアル))の味の素が保有する持分の取得を目的とした持分譲渡契約の締結を決議した。これにより、NISSIN-AJINOMOTO ALIMENTOS LTDA.に対する日清食品ホールディングスの持分は50%から100%となり、連結子会社となる見込みである。

ブラジルは、南米最大の人口を有し、1年間に約24億食(世界ラーメン協会調べ)の即席麺需要があり、海外事業における最重要地域のひとつと日清食品ホールディングスは考えるとしている。本件取引が完了した後、日清食品ホールディングスは、NISSIN-AJINOMOTO ALIMENTOS LTDA.へのサポート・支援体制を充実させることで、同社事業のさらなる成長を促進し、同国における事業基盤の強化に努めるとしている。

取得価額は325億円。

持分取得予定日は2015年10月30日。

※1ブラジルレアル=33.015円にて換算。