M&A速報

ハウス食品グループ本社<2810>、ギャバン<2817>をTOBで子会社化

2016/05/12

ハウス食品グループ本社は、味の素の子会社で香辛料大手のギャバンをTOB(株式公開買付け)により完全子会社化することを決議した。親会社で55.05%を保有する味の素は応募の意向を表明している。ギャバンは上場廃止となる予定。

ギャバンは2003年1月に味の素と、2004年8月にはハウス食品と業務提携し、両社からの人材受入れのほか、ハウス食品を通じたギャバン製品の販売を手がけてきた。業務用香辛料の市場規模は成長を続けているものの他社との競争が激化。そんな中、ハウス食品はギャバンとの関係を強化し、グループの香辛料事業における地位確立を目指すこととした。

買付価格は1株あたり710円で、前日終値に対して18.33%のプレミアムを加えた。買付予定数は925万6730株(下限は558万8000株で上限は設定されていない)で、買付予定価額は65億7000万円。買付期間は2016年5月13日から6月23日まで。決済の開始日は2016年6月30日。

M&Aデータベース

関連の記事

「日本旅行」「ハウス食品」苦境に陥った飲食店支援でベンチャーと協業

「日本旅行」「ハウス食品」苦境に陥った飲食店支援でベンチャーと協業

2021/04/01

日本旅行、ハウス食品といった大手企業が飲食店支援に乗り出す。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、営業時間の短縮要請などが出されるなど飲食店の経営は厳しい状況にある。支援事業とはどのようなものなのか。

こどもの日にまつわる企業3選

こどもの日にまつわる企業3選

2018/05/05

5月5日は「こどもの日」。少子化が進み、子供をターゲットにした業界は苦戦中とされる。縮小する子供市場で生き残るためのキーワードの一つがM&A。「食べ物」「子供服」「教育」の3業種から、積極的にM&A戦略を展開している企業を紹介する。

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017/12/28

2017年の食品業界は大小合わせて20件強(発表ベース)のM&Aを数える。1年を振り返って、1000億円を超えるような大型案件はなかったものの、食品各社のM&Aへの意欲は旺盛といえる。

【まとめ】2017年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

2017/11/06

2017年7月-9月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

【ハウス食品】壱番屋に続き、ギャバンも食う カレールウと融合しさらにおいしく

【ハウス食品】壱番屋に続き、ギャバンも食う カレールウと融合しさらにおいしく

2016/12/06

バーモントカレーのCMでお馴染みのハウス食品グループ本社は単なるカレールウの会社ではありません。「カレーハウスCoCo壱番屋」や香辛料の「ギャバン」を買収して事業を拡大しています。ルウを軸にレストランやスパイスも融合させる同社のM&Aは一味違います。

ハウス食品<2810>は可愛い顔してヤルことは結構ヤル

ハウス食品<2810>は可愛い顔してヤルことは結構ヤル

2016/11/17

ハウス食品は昨年12月にはCoCo壱番屋、そして今年5月にはギャバンの買収へと動きました。日本人大好物の”カレー”がハウス食品に牛耳られている!というお話です。

 「TOBってなあに? もうかるの?」 第3回(完)

「TOBってなあに? もうかるの?」 第3回(完)

2016/08/11

TOBを投資の目線で見るとどうなるのだろうか?「節税ヒントがあるかもブログ」のメタボ税理士が、TOBについて分かりやすく解説する。最終回の今回は全部買い取ってもらえない件について、ハウス食品グループ本社<2810>の壱番屋<7630>をTOBを事例に紹介する。

2016年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

2016年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

2016/07/15

TOB件数は公表ベースで11件と前年同期(10件)比で増加した。話題となった案件は、富士通のニフティへTOB、ハウス食品のギャバンへTOBなどがあった。

M&A速報検索

クリア