menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【アシックス】総合スポーツ用品メーカーが強化するデジタル戦略

Cover ff8077d9 2290 4fac a0dc 7a41ca9b088c
※画像はイメージです

総合スポーツ用品メーカーが強化するデジタル戦略

 アシックス<7936>は、1949年9月、創業者の鬼塚喜八郎氏が鬼塚株式会社を兵庫県神戸市に設立したことに始まる。スポーツシューズ専門メーカーを目指し、バスケットボールシューズをはじめスポーツシューズの開発、生産、販売を開始した。今日、総合スポーツ用品メーカーとして成長した同社は、どのようなM&Aを進めてきたのか。

【会社概要】商号変更を機に総合スポーツ用品メーカーに邁進

 アシックスは1958年7月、生産子会社のオニツカ株式会社を形式上の存続会社として、これに販売子会社の東京鬼塚株式会社とともに合併した。その後、オニツカ株式会社は株式の額面金額を500円から50円に変更し、1963年6月に当時休業中の中央産業株式会社(1963年にオニツカ株式会社に商号変更)を存続会社として合併する。

 さらに、商号変更後のオニツカ株式会社は、1977年7月を合併期日として、商号をアシックスに変更し、スポーツウェア・用具メーカーのジィティオ及びスポーツウェアメーカーのジェレンクと合併し、総合スポーツ用品メーカーとなり、現在に至る。

【経営陣】現社長は総合商社出身で、マーケティング畑を歩む

 代表取締役会長兼社長CEOを務める尾山基氏は、1951年石川県の出身である。1974年、大阪市立大学商学部卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。同社にて、ナイキ・ジャパンの立ち上げに関わったあと、1982年アシックスに入社した。

 同社では、ウォーキング事業部マーケティング部長、マーケティング統括部長を経て、アシックスヨーロッパ社長、アシックス本社取締役、常務取締役、常務取締役海外担当兼経営企画室担当兼マーケティング統括部長を経て、2008年代表取締役に就任する。

 2011年、世界スポーツ用品工業連盟の第13代会長に就任。2014年から同連盟の副会長となる(現任)。同年、「オランダ王国オラニエ・ナッソー勲章 Officer章」を授与されている。

【株主構成】 国内外の金融機関が並ぶ

 アシックスの株主構成をみると、国内外の金融機関が並ぶ。同社は創業者である鬼塚喜八郎氏の存在が大きかったが、現在は大株主に「鬼塚」一族の名は現れていない。

表1:アシックスの株主構成

株主名持株数(千株)持株比率(%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)9,7795.2
株式会社三菱東京UFJ銀行7,8584.1
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)7,0493.7
株式会社三井住友銀行 6,6073.5
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 5050015,9283.1
日本生命保険相互会社5,6793.0
株式会社みずほ銀行5,5682.9
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 5053253,5051.8
株式会社みなと銀行3,3581.8
JP MORGAN CHASE BANK 3856323,0151.6

持株比率は、自己株式を除いて算出している

同社HPをもとにM&A Online編集部作成。2016年12月31日現在

【M&A戦略】業務効率化の組織再編と、周辺事業への展開

 アシックスが行ってきたM&Aは、以下の通りである。まず、全体としてアシックスの世界各地にある現地法人はそれぞれ独立した経営単位であり、取り扱う製品について各地域の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開している。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界のM&A

東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界のM&A

サッカーワールドカップのアジア最終予選において日本がオーストラリアに勝利し、6大会連続で6度目となるワールドカップ出場が決定した。これを好感した影響もあり、アシックス<7936>などスポーツ関連銘柄は軒並み堅調。ゼビオ<8281>は年初来高値を更新した。2020年には東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界においてもM&Aが盛んに行われている。


注目の記事

Thumb 1134c05f 3167 49d0 8054 850e187c25e8

【パナソニック】M&Aなどの戦略投資に1兆円

「2018年度に向けて(M&Aなどで)戦略投資として1兆円を投じる」 パナソニック<6752>の津賀一宏社長は2015年度の事業方針発表会で、こう高らかに宣言した。2011年に陥った業績不振から脱却し、創業100周年となる2018年からは再び成長軌道を描ける企業に変身させるのが狙いだ。これまで戦略投資は着実に実施しており、あとは現在の事業計画の最終となる2018年1年を残すのみとなった。パナソニックの成長力を左右する2018年のM&Aにはどのようなドラマが隠されているのか。投資家のみならず、多くの関係者の視線が自ずと集まる。

Thumb fdb0639d 10bc 4042 ad71 2177901e1c55
Thumb de51ba52 1959 4e55 a041 5403be07ad69
Thumb 3b3eed12 3389 40bd a9f9 fe69accc9586