menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【ホットランド】多角化と海外展開をM&Aで加速

Cover 16e2c659 f6b0 48a3 bf7b d4e0d254b411
ホットランドの主力事業「銀だこ」

巧みなM&Aで成長

 たこ焼きチェーン「築地銀だこ」を展開するホットランド<3196>は、たい焼きの「銀のあん」をはじめとする事業多角化と市場拡大のための海外進出の二段構えで業績を拡大している。それを加速しているのがM&Aだ。もともと個人による家内商売にすぎなかったたこ焼きやたい焼きで上場を実現できたのも、巧みなM&A戦略があればこそだった。

 2014年1月、ホットランドがコールド・ストーン・クリーマリー・ジャパンを買収し、世間をあっと言わせた。コールド・ストーン・クリーマリーは店員が歌いながらアイスや果物、ナッツを混ぜて顧客に提供するパフォーマンスで「歌うアイス屋」と話題になった米国発祥のアイスチェーン。

顧客の目の前で作るコールド・ストーン・クリーマリー‎のアイス
顧客の目の前で作るコールド・ストーンのアイス  Photo by Yusuke Kawasaki

 米コールド・ストーンと国内投資ファンドのキアコン(現・リヴァンプ)が合弁で「コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン」を設立し、2005年11月に六本木で1号店がオープンする。2009年に150店舗の出店を計画していたが、買収当時は31店舗にとどまっていた。そこに救いの手を差し出したのがホットランドだったのだ。

 「なぜ日本の庶民フードであるたこ焼き屋が、米国のショーアップされたアイスチェーンを買収するのか」と訝しむ声が上がった。ホットランドの創業者でもある佐瀬守男社長は「たこ焼きに次ぐ第2のブランドであるたい焼き事業を補完するためだ」と明かす。たい焼きは冬場こそ売れるものの、夏場の売り上げはがくんと下がる。そうした季節要因を平準化するために、夏場に売れるアイスに目を付けたのだという。

アーカイブス

NEXT STORY

【DMG森精機】M&Aで成長する世界最大の工作機械メーカー

【DMG森精機】M&Aで成長する世界最大の工作機械メーカー

2015年5月、日本から世界最大の工作機械メーカーの「DMG森精機」が誕生した。世界7カ国で14の開発・製造拠点を擁し、約1万2000人の従業員を雇用する巨大企業に飛躍する。中小企業から大企業まで全世界で約15万社のユーザーを抱える。その「原動力」はM&Aだった。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333