M&A速報

明治ホールディングス<2269>、洋菓子メーカーの株式を寿スピリッツ<2222>へ譲渡

2015/12/15

明治ホールディングス(株)(以下「明治ホールディングス」)の事業子会社である(株)明治(以下「明治」)は、明治の100%子会社で洋菓子メーカーである(株)フランセ(売上高47億円、営業利益△4800万円、純資産3400万円、以下「フランセ」)の株式をすべて譲渡することを決議した。

フランセは現在、地盤である神奈川及び関東を中心に全国で店舗を運営している。今回、明治はフランセが成長を実現し更なる発展を目指すために、全国で地域ごとのブランドを展開し、顕著な成長を続ける寿スピリッツに、フランセの経営を委ねるとしている。

一方、寿スピリッツは、美味しさ、品質に徹底的にこだわり、地域ごとのマーケット特性にマッチしたお土産、パーソナルギフトから自家用まで多様なプレミアムギフトスイーツの需要にブランドポートフォリオで適応する事業スタイルを構築している。今回、寿スピリッツはフランセの全株式を取得することが、重要施策として掲げる関東圏での展開強化及び強固な経営基盤の構築に寄与するものと考え、今回の株式譲受を行うとしている。

株式取得価額は1円。

アドバイザリー費用等1000万円。

株式譲渡予定日は2016年1月22日。

M&Aデータベース

関連の記事

新型コロナの「国産ワクチン」一番乗りはどこ?

新型コロナの「国産ワクチン」一番乗りはどこ?

2021/10/26

KMバイオロジクスが、塩野義製薬から2日遅れの10月22日に新型コロナワクチンの第2/3相臨床試験を始めた。第一三共も11月に第2/3相臨床試験を始める。国産ワクチン一番乗りはどこだろうか?

新型コロナの「国産ワクチン」実用化に向け一歩前進

新型コロナの「国産ワクチン」実用化に向け一歩前進

2021/10/24

新型コロナウイルス用の国産ワクチンの実用化が一歩一歩前進している。塩野義製薬、第一三共、KMバイオロジクス、アンジェスの4社が先行しており、早ければ2022年にも使用できる見通しだ。各社の最新の動きを見てみると。

ワクチン接種をためらっている人に朗報「KMバイオロジクス」が国産新型コロナワクチンの実用化を1年前倒し

ワクチン接種をためらっている人に朗報「KMバイオロジクス」が国産新型コロナワクチンの実用化を1年前倒し

2021/09/23

明治ホールディングス傘下の製薬会社であるKMバイオロジクスは、開発中の新型コロナウイルス用国産ワクチンの実用化時期を当初予定の 2023年度中から2022年度中に1年前倒しする。

「Meiji」が韓国企業との合弁を解消し、開発に力を入れる医薬品「DMB-3115」とは

「Meiji」が韓国企業との合弁を解消し、開発に力を入れる医薬品「DMB-3115」とは

2021/07/29

Meiji Seikaファルマは2021年9月末に、韓国の東亜ソシオホールディングス(ソウル市)との合弁会社であるDMバイオについて、Meijiが保有するDMバイオの全株式を 東亜グループに譲渡する。

新型コロナの「国産ワクチン」一番乗りはどこ?年内にも承認か

新型コロナの「国産ワクチン」一番乗りはどこ?年内にも承認か

2021/05/01

河野太郎新型コロナウイルスワクチン接種担当大臣が、早ければ年内にも国産ワクチン承認の可能性に言及した。これで、ようやく国産ワクチンの承認にめどがついたと言えそうだ。

「新型コロナ」4社4様の日本製ワクチン ようやく臨床試験に

「新型コロナ」4社4様の日本製ワクチン ようやく臨床試験に

2021/03/25

第一三共とKMバイオロジクスの両社は2021年3月22日に、新型コロナウイルス感染症向けワクチンの国内第1/2相臨床試験を始めた。先行しているアンジェス、塩野義製薬と合わせ、臨床試験に乗り出した国内企業は4社となった。4社のワクチン開発はどのような状況にあるのだろうか。

​臨床試験が始まった塩野義の新型コロナウイルス向け「国産ワクチン」とは?

​臨床試験が始まった塩野義の新型コロナウイルス向け「国産ワクチン」とは?

2020/12/18

塩野義製薬は2020年12月16日に、新型コロナウイルス感染症ワクチンの第1/2相臨床試験を始めた。日本企業としてはアンジェスに次ぐ2社目となる。塩野義のワクチンとはどのようなものなのか。

新型コロナ「ワクチン」の国内生産が一気に5億回分に 武田薬品も米社製で参入​

新型コロナ「ワクチン」の国内生産が一気に5億回分に 武田薬品も米社製で参入​

2020/08/12

新型コロナウイルス向けワクチンの量産体制が整いつつある。厚生労働省はワクチン生産体制の緊急整備事業として、国産ワクチンの開発を手がける4社と外国製ワクチンの量産にかかわる2社に助成金を交付する。

日本の新型コロナ「ワクチン開発」に新たな顔ぶれ

日本の新型コロナ「ワクチン開発」に新たな顔ぶれ

2020/08/05

新型コロナウイルスワクチン開発に新たな顔ぶれが加わることになった。ユナイテッド・イミュニティが、京都大学、長崎大学の両大学と連携して、ナノ粒子型たんぱくワクチンの開発に乗り出した。

新型コロナウイルスの「ワクチン開発」日本が置かれた状況は

新型コロナウイルスの「ワクチン開発」日本が置かれた状況は

2020/07/31

新型コロナウイルスワクチンを巡る動きが慌ただしくなってきた。日本政府は海外製ワクチンの確保に動き出しており、日本での実用化の時期が早まる可能性もある。日本が置かれた状況を見てみると。

チョコレートメーカー3社の決算書分析「モロゾフ、不二家、寿スピリッツ」

チョコレートメーカー3社の決算書分析「モロゾフ、不二家、寿スピリッツ」

2018/02/14

2月14日のバレンタインデーは、チョコレート業界にとっては1年で最大のかき入れ時となる。そこで、モロゾフ、不二家、寿スピリッツの3社の決算内容を分析してみた。

【明治ホールディングス】M&Aをテコに「医薬品」が存在感増す

【明治ホールディングス】M&Aをテコに「医薬品」が存在感増す

2017/12/26

明治ホールディングス(HD)は菓子、乳業を中心とする食品業界のリーディングカンパニー。売上高は1兆2000億円を超える。食品のイメージが圧倒的な同社だが、近年、医薬品での存在感が着実に増しつつある。その推進役はほかでもないM&Aだ。

幻となった「森永ホールディングス」乳業・製菓の経営統合が破談 投資家は失望売り

幻となった「森永ホールディングス」乳業・製菓の経営統合が破談 投資家は失望売り

2017/04/02

森永乳業と森永製菓は経営統合に向けて検討を終了すると発表した。統合によって、明治ホールディングスに続く総合菓子・乳業メーカーが誕生すると期待されていただけに投資家の失望は大きく、両社の株価は急落している。

「森永ホールディングス」誕生へ 経営統合の効果は?

「森永ホールディングス」誕生へ 経営統合の効果は?

2017/03/04

森永乳業と森永製菓が2018年4月をめどに経営統合を検討していることが明らかになった。実現すれば、明治ホールディングスに続く総合菓子・乳業メーカーが誕生する。会社側の発表に先立ち「森永ホールディングス」を統合効果を試算した。

【企業力分析】明治 VS 雪印

【企業力分析】明治 VS 雪印

2016/01/13

明治ホールディングスと雪印メグミルクの乳業大手2社を専門家が分析する。乳業という共通事業の両社の企業力はいかに。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5