M&A速報

平和<6412>、森永製菓<2201>グループから富津田倉ゴルフを取得

2017/04/25

平和は子会社を通じて、千葉県富津市でゴルフ場を運営する富津田倉ゴルフ(千葉県富津市。売上高6億4700万円、営業利益0円)の全株式を森永製菓から取得すると発表した。平和はゴルフ事業拡大のため積極的な買収を進めている。取得価格は非公表。取得予定日は7月3日。

M&Aデータベース

関連の記事

またまた登場「鬼滅の刃」とのコラボ商品「ロッテ」「サントリー」「森永」も投入

またまた登場「鬼滅の刃」とのコラボ商品「ロッテ」「サントリー」「森永」も投入

2021/09/25

アニメ「鬼滅の刃」の人気が衰えない。ロッテ、サントリー食品インターナショナル、森永製菓などの大手企業が近く、相次いで「鬼滅の刃」とのコラボ商品を投入する。

ゴルフのPGMが牽引「平和」の業績見通し、売り上げはコロナ前を上回る

ゴルフのPGMが牽引「平和」の業績見通し、売り上げはコロナ前を上回る

2021/08/07

ゴルフ事業(PGM)と、遊技機事業(パチンコ機、パチスロ機)を手がける平和の業績が急回復している。同社の2022年3月期第1四半期の売上高はコロナ禍にあった前年同期の約2倍に伸び、損益は営業、経常、当期のいずれも黒字化した。

「PGM」がゴルフ場を買収 「太平洋クラブ」は高級レストランをグループ化

「PGM」がゴルフ場を買収 「太平洋クラブ」は高級レストランをグループ化

2021/07/20

ゴルフ場運営大手のパシフィックゴルフマネージメントと太平洋クラブが、そろってゴルフ場やレストランをグループ化する。両社による攻勢はコロナ禍の中「吉」とでるだろうか。

ゴルフの「平和」コロナ禍を跳ね返しV字回復へ

ゴルフの「平和」コロナ禍を跳ね返しV字回復へ

2021/05/21

ゴルフ場の運営事業とパチンコ機などの遊技機事業を経営の2本柱とする平和の2022年3月期の業績がV字回復する。売上高はコロナ前の2020年3月期を60億円強上回る。

【10月M&Aサマリー】3カ月連続で前年を下回る|DCM・ニトリの「島忠」争奪戦も

【10月M&Aサマリー】3カ月連続で前年を下回る|DCM・ニトリの「島忠」争奪戦も

2020/11/04

2020年10月のM&A件数は前年同月比5件減の69件となり、3カ月連続で前年を下回った。1~10月の累計は前年を超えるペースを維持しているのの、コロナ禍の出口が見通せない中、停滞感が否めない。ホームセンターの島忠を巡る買収合戦も勃発した。

「PGM」が「アコーディア」「ネクスト」から4ゴルフ場を買収 変わる勢力図

「PGM」が「アコーディア」「ネクスト」から4ゴルフ場を買収 変わる勢力図

2020/11/03

平和傘下のゴルフ場運営会社パシフィックゴルフマネージメントが、アコーディア・ゴルフとネクスト・ゴルフ・マネジメントから2ゴルフ場ずつ合わせて4ゴルフ場を買収することになった。

ゴルフに明るさ「PGM」「ゴルフ・ドゥ」に回復傾向

ゴルフに明るさ「PGM」「ゴルフ・ドゥ」に回復傾向

2020/10/30

新型コロナウイルスの影響で利用者が減少するなど厳しい状況に陥っていたゴルフ業界に明るさが戻りつつある。コロナがもたらしたニューノーマル(新しい常識)は今後、ゴルフ場にとってプラスに働く可能性もありそうだ。

緊急事態宣言の延長はビジネスチャンスか「こどもの日」ならではの取り組みは

緊急事態宣言の延長はビジネスチャンスか「こどもの日」ならではの取り組みは

2020/05/05

緊急事態宣言が5月末まで延長されたのに伴い、学校の休校がさらに1カ月伸びる見通しだ。そんな中5月5日はこどもの日を迎える。家の中でどのように過ごすのか。さまざまな取り組みが登場しており、こどもの日ならでは事例を拾ってみると。

経営破綻のゴルフ場を傘下に 「PGM」が事業拡大

経営破綻のゴルフ場を傘下に 「PGM」が事業拡大

2020/02/15

平和がゴルフ事業を順調に拡大している。同社の子会社でゴルフ事業を運営するパシフィックゴルフマネージメント(PGM)が、今期(2020年3月期)4件目となるゴルフ場を傘下に収めることになった。

「平和」によるゴルフ場買収が10件に

「平和」によるゴルフ場買収が10件に

2019/07/20

​パチンコ・パチスロの大手メーカー平和が2011年にゴルフ場運営会社のPGMホールディングス(現パシフィックゴルフマネージメント)を傘下に収めた以降に実施したゴルフ場の買収件数(適時開示情報、発表時点情報)が10件に達した。

お得なゴルフ情報 令和キャンペーンなど

お得なゴルフ情報 令和キャンペーンなど

2019/05/05

令和となった5月はゴルファーにとっては絶好の季節。少しでもお得な情報を探してみると…。令和キャンペーンや株主優待などがあった。

2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発

2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発

2017/12/30

2017年M&Aの“アラカルト10選”! 編集部独自に話題、出来事をピックアップしました。

【明治ホールディングス】M&Aをテコに「医薬品」が存在感増す

【明治ホールディングス】M&Aをテコに「医薬品」が存在感増す

2017/12/26

明治ホールディングス(HD)は菓子、乳業を中心とする食品業界のリーディングカンパニー。売上高は1兆2000億円を超える。食品のイメージが圧倒的な同社だが、近年、医薬品での存在感が着実に増しつつある。その推進役はほかでもないM&Aだ。

パンダ銘柄   “伏兵”は現れるか?

パンダ銘柄 “伏兵”は現れるか?

2017/12/10

パンダ銘柄は東天紅<8181>と精養軒<9734>だけ? 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン(香香)」の一般公開(19日)まで1週間あまり。株式市場では毎度、東天紅と精養軒がもてはやされる展開だが、“伏兵”銘柄の出現はないのだろうか。

"戌(いぬ)年”の法人は全国で17万155社

"戌(いぬ)年”の法人は全国で17万155社

2017/12/03

2018年の干支は戌(いぬ)。全国の法人270万社のうち、戌年の設立法人は17万155社あることがわかった。最も古い企業は1886年(明治19年)創業の外装・床タイル製造の陶榮(愛知県)と、琶湖遊覧などを手掛ける琵琶湖汽船(滋賀県)の2社。他には日本ペイント、三菱製紙、森永製菓、富士フイルム、ソニー、カシオ計算機、京セラ、吉野家、三菱自動車工業、日本郵政などだ。

【企業力分析】森永製菓 内なる改革成功と人事戦略 正社員比率を上げる

【企業力分析】森永製菓 内なる改革成功と人事戦略 正社員比率を上げる

2017/09/29

今回の企業力分析で取り上げるのは、誰もが子供のころからお世話になっている森永製菓株式会社です。甘いお菓子の会社ですが、経営を取り巻く環境は、少子化・人口減少で決して甘くはない筈です。

幻となった「森永ホールディングス」乳業・製菓の経営統合が破談 投資家は失望売り

幻となった「森永ホールディングス」乳業・製菓の経営統合が破談 投資家は失望売り

2017/04/02

森永乳業と森永製菓は経営統合に向けて検討を終了すると発表した。統合によって、明治ホールディングスに続く総合菓子・乳業メーカーが誕生すると期待されていただけに投資家の失望は大きく、両社の株価は急落している。

「森永ホールディングス」誕生へ 経営統合の効果は?

「森永ホールディングス」誕生へ 経営統合の効果は?

2017/03/04

森永乳業と森永製菓が2018年4月をめどに経営統合を検討していることが明らかになった。実現すれば、明治ホールディングスに続く総合菓子・乳業メーカーが誕生する。会社側の発表に先立ち「森永ホールディングス」を統合効果を試算した。

【森永製菓】買収後に成長した「ステラおばさん」 不採算事業の整理も加速

【森永製菓】買収後に成長した「ステラおばさん」 不採算事業の整理も加速

2017/01/27

森永製菓は食品業界の中でもM&Aに積極的な会社ではない。しかし数少ない買収案件である「ステラおばさんのクッキー」を手がけるアントステラは2008年に森永傘下に入り着実に成長した。一方で食料品卸売事業はM&Aで不採算部門の切り出しを進める。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5