menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【ダイフク】20件目のM&Aはすぐ目の前?

Cover 742aa9fc ec2b 4ac9 89b4 74f98b55063c
ダイフク本社の広告塔:ダイフク提供

 友好的M&Aに限る。相手企業の人を大切にするー。物流機器メーカーのダイフク<6383>はこの方針に沿って2000年以降、企業や事業の買収を活発化してきた。2004年に自動倉庫事業を譲り受けたキトー<6409>を皮切りに2014年にニュージーランドの空港手荷物機器メーカーBCS Group Limitedまで19件の買収などを実施。いずれも事業の拡大につなげてきた。現在、高水準の受注が続いており、2018年3月期は売上高、利益とも過去最高を更新する見込みのため生産能力増強が不可欠な状況。ここ3年ほどは無風状態だが、今後は生産拠点拡充を目的とした買収が実現する可能性が高そうだ。

M&Aのスタイルが決まるきっかけとなったキトーの事業買収

 ダイフクの事業は6つの分野に分けることができる。一般製造業と流通業向けの自動倉庫などを手がけるFA&DA(Factory Automation&Distribution Automation)。半導体や液晶生産ライン向け搬送装置などを手がけるeFA(e-Factory Automation)。自動車生産ライン向け搬送装置などのFA(Automotive Factory Automation)。空港向けの手荷物搬送装置などを手がけるATec(Airport Technologies)。洗車を手がけるAWT(Auto Washing Technologies)。産業用のパソコンやIoT(モノのインターネット)関連システムなどを手がける電子機器の6つがそれだ。それぞれの分野ごとに事業拡大を目指し買収を進めてきた。

 M&Aの基本方針が決まるきっかけとなったのはFA&DA分野で2004年に実施したキトーからの一部事業の譲り受けだった。キトーはチェーンブロックのメーカーで、自動倉庫の生産、販売も行っていた。キトーが主力のチェーンブロックに集中することになったため、自動倉庫事業をダイフクに売却。ダイフクではキトーの顧客、社員を譲り受け、事業を継続した。ダイフク側から社長をはじめ生産や管理などのための社員は送り込まず、買収以前のままの体制で運営した。当時のトップである竹内克己社長が「友好的M&Aに限る。相手企業の人を大切にする」との方針を明確にしたことから、このスタイルがその後の同社M&Aの基本となった。

自動倉庫:ダイフク提供

 FA&DA分野では2005年にソフトウエア会社であるアルベックの一部事業を買収。2009年にはコマツ系の販売会社と製造会社であるコマツユーティリティとコマツリフトILDから自動倉庫事業を買収。さらに2010年には欧州に足がかりを作る目的で、オーストリアのKnapp AG と業務提携を締結し、資本参加も実施した。同様に米国でも自動倉庫の事業拡大のためメーカーでありインテグレーターでもあるWynright Corporationを企業ごと買収するなど、着実に事業拡大の布石を打ってきた。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【企業力分析】ダイフク リーマンショックからのV字回復を財務分析で評価する

【企業力分析】ダイフク リーマンショックからのV字回復を財務分析で評価する

今回は、物流システム、立体式の自動倉庫のメーカーダイフクを取り上げました。ご存知ない方が多いと思いますが、リーマンショックからのV字回復が緩やかと、特徴的な会社です。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c