アステラス製薬(株)は、がんに対する抗体医薬を開発するドイツのマインツに拠点を置くバイオ医薬品企業Ganymed Pharmaceuticals AG(ドイツ、以下「Ganymed」)の株主との間で、アステラス製薬がGanymedを買収することに合意し、契約を締結したことを発表した。本買収契約に基づき、アステラス製薬は同社の全株式を取得するための契約一時金として482億円(4億2,200万ユーロ)を支払い、さらに、Ganymedの株主に対し、同社の最も開発が進んでいる臨床開発プログラムIMAB362の開発の進捗に応じて、最大で総額982億円(8億6,000万ユーロ)を支払う可能性があるとのこと。

Ganymedは、2001年に設立された非上場のバイオ医薬品企業で、新規のがん治療薬の研究開発に注力し、IMAB362を含み、がん領域に非臨床段階、臨床段階にある複数の開発品を有している。本買収により、アステラス製薬の成長を牽引する中核であるがん領域フランチャイズを、より一層盤石なものとしていく、としている。

株式譲渡価額は約482億円(4億2,200万ユーロ)(最大で1460億円(8億6,000万ユーロ))(1ユーロ=114.28円にて換算)。

株式譲渡完了予定は数週間以内。