M&A速報

アステラス製薬<4503>、ドイツの抗体医薬品メーカーGanymed Pharmaceuticalsを子会社化

2016/10/28

アステラス製薬は、がんに対する抗体医薬品を開発するドイツのGanymed Pharmaceuticals AG (マインツ)の全株式を取得し子会社化することを決めた。取得価額は約482億円で、開発中のがん抗体医薬品の臨床プログラムの進捗に応じて、最大約982億円を支払う可能性がある。Ganymedを傘下に取り込むことで、成長が期待されるがん領域での新薬開発を強化するのが狙い。

Ganymedは2001年に設立された非上場のバイオ医薬品企業で、新規のがんに対する免疫療法の研究開発に力を入れている。現在複数の開発品を保有しており、胃食道がん患者を対象とした治験で良好な結果を得ているという。取得は数週間以内に完了する予定。

追記事項

2016/12/21
2016年12月20日に買収が完了したと発表した。

M&Aデータベース

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2017年4月3日
Ogeda SA
Vealius Biocapital II SA Sicar、Fund+ NV、SRIW SA、 Capricorn Health-Tech Fund NV、BNP Paribas Fortis Private Equity Management SA
59,300
2
2016年10月28日
Ganymed Pharmaceuticals AG
ATS Beteiligungsverwaltung GmbHほか
48,221
3
2016年8月4日
Avara Norman Pharmaceutical Services, Inc.
Astellas Pharma Technologies, Inc.
非公表
4
2015年11月11日
LEO Pharma A/S
グローバル皮膚科事業
89,233
5
2015年11月10日
Ocata Therapeutics, Inc.
Ocata Therapeutics, Inc.経営陣、ほか
46,600
6
2015年10月30日
日本マイクロバイオファーマ(株)
清須工場の不動産、動産及び医薬品製造事業
非公表

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5