menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【クボタ】4半世紀ぶりに大規模な広告宣伝活動を展開

Cover 154e33a4 a455 42b3 8334 5d2e9c21af66
クボタの本社社屋 左上は1990年に制定したロゴ

    クボタ<6326>が4半世紀ぶりに大規模な広告宣伝活動を展開している。久保田鉄工からクボタに社名変更した1990年以来のことだ。今回はM&Aなどで海外事業が拡大し、売上高の7割近くにまでを海外が占めるようになったため、もう一度日本国内でのクボタの知名度を上げるのが狙い。広告活動ではベトナムで使われている農機、フランスで活躍する建機、中東でインフラ整備に貢献する水道管を取り上げており、今後のM&Aについてもこうした分野が中心となりそうだ。

 日本では農家が減少し、クボタの主力製品である農機の市場は縮小傾向にある。長い歴史を持つ水道管についても国内の需要に盛り上がりは見られない。こうなると自ずと海外志向が強まるのは無理のないところ。このため北米では小型農機に加え、中型、大型の農機にも力を入れてきた。アジアでは中国やタイで農機の新工場を稼働させたほか、それぞれの国にあったインプルメント(トラクターに装着して使用する作業機器)の開発を進める。欧州でもインプルメントの開発には力を入れており、成果も出てきた。

2000年ごろから海外シフトが鮮明に

 海外シフトが鮮明になり始めたのは2000年ごろ。当時の全社売り上げは9945億円で、海外売上高比率は20%程度だった。これが2016年には売上高が1兆5900億円ほどになり、海外売上高比率は65.5 %に達した。こうした状況を支えた一つがM&Aだ。

 クボタは2011年にノルウェーのトラクター用インプルメントメーカーであるクバンランドを買収し、世界の畑作市場に本格参入した。クバンランドは1879年設立の歴史のある企業で、欧州だけでなくロシアや中国などにも工場を持ち、当時の売上高は約385億円。同社を買収することにより、散布機や種まき機などの畑作用機器の品ぞろえ充実させることができた。   

クボタの主なM&A

年月内容
2011年12月Kverneland ASAを買収
2012年9月富士化水工業から事業を買収
2016年5月Great Plains Manufacturing Inc.を買収

米国で大型機の開発、販売に挑戦

 その後、農機関連では2016年5月に米国のインプルメントメーカーであるグレートプレーンズマニュファクチュアリング(GP)を買収した。GP社は種まきや掘り起し、草刈りなどの作業を行うためのインプルメントを製造しており、2007年から提携し、小型トラクターの事業拡大に取り組んできた経緯がある。この買収で大型のインプルメントの開発を進め、品ぞろえを充実させる計画だ。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【DMG森精機】M&Aで成長する世界最大の工作機械メーカー

【DMG森精機】M&Aで成長する世界最大の工作機械メーカー

2015年5月、日本から世界最大の工作機械メーカーの「DMG森精機」が誕生した。世界7カ国で14の開発・製造拠点を擁し、約1万2000人の従業員を雇用する巨大企業に飛躍する。中小企業から大企業まで全世界で約15万社のユーザーを抱える。その「原動力」はM&Aだった。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544