【USEN/U-NEXT】経営統合で問われるオーナー経営者の力量

  国内において有線放送首位のUSEN<4842>と、そこから分離独立した動画見放題サービス提供のU-NEXT<9418>。2017年中に経営統合を予定する両社のこれまでを振り返りたい。

【企業概要】もとは同一の有線放送会社

 USENは日本全国で音楽配信事業、業務用システム事業、ICT事業、その他事業を展開する企業である。1961年6月に創業社長の宇野元忠氏のもと大阪有線放送社として、有線の音楽放送を目的に設立された。その後、2代目社長の宇野康秀氏のもと、チャンネル数を増やしながら成長し、2001年4月に大阪証券取引所ナスダック・ジャパン (現:東京証券取引所JASDAQ)に上場した。

 U-NEXTは2007年6月にUSENで開始されたTV向け定額制見放題動画サービスを配信する「GyaONEXT (後のU-NEXT)」事業を基として、2010年12月にUSENから分離独立して設立された会社である。2014年12月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場し、2015年12月に東京証券取引所の市場第一部へ上場市場を変更している。

【経営陣】宇野康秀氏が経営の陣頭指揮をとる

 USEN社長の田村公正氏は、1994年3月にUSENに入社し、東東京支社長、営業本部長、執行役員を経て、生え抜きで2013年11月に社長に就任している。

 U-NEXT社長兼USEN会長の宇野康秀氏は1988年4月にリクルートコスモス(現 コスモスイニシア)に入社。1989年6月に独立してインテリジェンスを設立し、社長に就任した。

 1998年7月に急逝した父・宇野元忠氏の後を継ぐためインテリジェンスの社長を退任し、大阪有線放送(現USEN)社長に就任。 その後2010年12月にUSENの会長としては残りつつ、U-NEXTを設立、社長に就任し現在に至る。

【大株主】オーナー色が濃い株主構成

 USENの大株主は下表のとおりである。株式公開買付けTOB)前において、USENの株式は元社長で現会長である宇野康秀氏個人が30%超を保有しており、2009年に第三者割当増資の多くを引き受けた光通信が2位株主となっていた。

表1:USENの上位株主

保有者名所有株式数(株)持ち株比率(%)
宇野 康秀 63,400,502 30.61
光通信 37,409,460 18.06
ジーエス・ティーケー・ホールディングス・ツー合同会社 24,509,810 11.83
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 5,278,800 2.55
インフォサービス 4,146,300 2
USEN従業員持株会 2,599,210 1.25
日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口) 2,535,900 1.22
GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL 1,779,040 0.86
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505044 1,173,508 0.57
資産管理サービス信託銀行(証券投資信託口) 1,155,200 0.56
143,987,730 69.51

2016年8月末時点。有価証券報告書に基づきM&AOnline編集部作成

 なおU-NEXTのSPC(特別目的会社)によるUSEN株式の公開買い付け後の2017年3月29日時点においては、U-NEXT SPC1が1,078,258株(52.33%)を保有し1位となり、宇野康秀氏は保有株数・シェアともにそのままの2位に、一部売却した光通信が80,291株(3.9%)の3位株主となっている。

  一方のU-NEXTの大株主は下表のとおり。U-NEXTにおいては、社長である宇野氏の資産管理会社(UNO-HOLDINGS)がいまだ64%以上を保有している。

表2:U-NEXTの上位株主

保有者名所有株式数(株)持ち株比率(%)
UNO-HOLDINGS 10,530,000 64.11
光通信 982,000 5.98
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 531,300 3.23
U-NEXT社員持株会 119,100 0.73
CHASE MANHATTAN BANK 114,700 0.7
NOMURA PB NOMINEES 100,400 0.61
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 98,300 0.6
楽天証券 74,600 0.45
マネックス証券 67,810 0.41
GMOクリック証券 64,300 0.39
12,682,510 77.21

2016年12月末時点。有価証券報告書に基づきM&AOnline編集部作成