買収の記事一覧

ひろゆき氏が買収した「4chan」、米銃乱射事件で捜査のメス

ひろゆき氏が買収した「4chan」、米銃乱射事件で捜査のメス

「ひろゆき」こと西村博之氏が買収した米匿名画像掲示板「4chan」が5月14日に米ニューヨーク州バッファローのスーパーマーケットで発生した銃乱射事件で物議を醸している。逮捕された犯人が「4chanの画像に影響を受けた」と供述しているからだ。

記事を読む
マスク氏、ツイッター買収を中止したら違約金で「破産」する?

マスク氏、ツイッター買収を中止したら違約金で「破産」する?

ツイッター買収で合意した米テスラのマスクCEOが「心変わり」したのではないかとの情報が飛び交っている。マスク氏が買収計画を一方的に破棄した場合は、10億ドルの違約金を支払う義務があるという。マスク氏にとっては、大きな痛手になるのではないか?

記事を読む
ツイッター、マスク氏が秘密保持契約違反と苦情

ツイッター、マスク氏が秘密保持契約違反と苦情

電気自動車(EV)大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は5月14日、ツイッターの法務担当チームから、秘密保持契約の対象となる情報を公表したと非難されたと明かした。

記事を読む
マスク氏、ツイッター買収計画破棄なら違約金10億ドル

マスク氏、ツイッター買収計画破棄なら違約金10億ドル

4月26日、米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、米ツイッターの買収計画を破棄した場合に10億ドルの違約金を支払わなければならないことが、ツイッターが行った当局への届け出で分かった。

記事を読む
リノベーション・スタートアップ|編集部おすすめの1冊

リノベーション・スタートアップ|編集部おすすめの1冊

今や「名門大学」と呼ばれる大学で、卒業生の人気進路は「官僚」でも「大企業」でもなく、「起業」という。官僚や大企業のサラリーマンとして社会人人生をスタートする学生の中にも「就職は起業へのステップアップ」と考えるケースも少なくない。その早道は?

記事を読む
イーロン・マスク「コカ・コーラを買収してコカインを入れたい」

イーロン・マスク「コカ・コーラを買収してコカインを入れたい」

イーロン・マスク氏(50)が、コカ・コーラ(Coca-Cola)を買収して、コカインを配合したいと冗談を飛ばした。

記事を読む
デラウェア州裁判所が、デラウェア州法はサンドバッギング条項を許容していることを判示

デラウェア州裁判所が、デラウェア州法はサンドバッギング条項を許容していることを判示

デラウェア州最高裁判所はこれまで、デラウェア州のコモン・ローにおいて、当事者の合意が無い場合にサンドバッギングが認められるか否かについて判断していませんでした。

記事を読む
 [新版]企業戦略論【下】全社戦略編|編集部おすすめの1冊

[新版]企業戦略論【下】全社戦略編|編集部おすすめの1冊

あなた自身がM&Aを検討している場合、あるいは、あるM&A案件の有用性を外部または内部に説明しなければならない立場である場合、「新版 企業戦略論 戦略経営と競争優位(下)」は役に立つだろう。

記事を読む
イーロンマスク、米ツイッターに現金5.4兆円の買収提案

イーロンマスク、米ツイッターに現金5.4兆円の買収提案

米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は米ツイッターを現金430億ドル(約5兆4000億円)で買収することを提案した。マスク氏は、株主投票に直接かける形で敵対的買収を仕掛ける可能性を示唆した。

記事を読む
【2021年第4四半期・通年】日本企業M&A公表案件ランキング

【2021年第4四半期・通年】日本企業M&A公表案件ランキング

2021年の日本企業が関与するM&A公表案件は21.1兆円と、前年比13.3%減少し、2017年以来の低水準となった。一方で、日本市場全体の案件数は4963件に達し、過去最多となった。

記事を読む
東証、SPAC 上場制度の投資者保護上の論点整理を公表

東証、SPAC 上場制度の投資者保護上の論点整理を公表

東京証券取引所は2022年2月16日、「SPAC上場制度の投資者保護上の論点整理」を公表しました。日本における具体的なSPAC上場制度の整備が進むことが予想されるため、議論の動向を注視する必要があります。

記事を読む
米連邦取引委員会、MSにアクティビジョン買収で追加資料要求

米連邦取引委員会、MSにアクティビジョン買収で追加資料要求

米連邦取引委員会は21日、米マイクロソフトによるゲーム大手アクティビジョン・ブリザード買収計画の反トラスト法(独占禁止法)に基づく審査に関連し、両社に追加データの提出を求めた。

記事を読む
「永守流 経営とお金の原則」|編集部おすすめの1冊

「永守流 経営とお金の原則」|編集部おすすめの1冊

著者は日本電産会長・創業者の永守重信さん。同社を日本有数のグローバル企業に導き、当代きっての経営者として真っ先に名前が挙がる一人だ。折り紙付きの実績を持つ本人自ら経営の基本原則、実践的な知識・ノウハウを伝授する。

記事を読む
ロシアに攻撃されたナムラ・クイーンの造船所「波乱万丈」な社史

ロシアに攻撃されたナムラ・クイーンの造船所「波乱万丈」な社史

日本企業が所有する貨物船「ナムラ・クイーン」が、黒海を航行中にロシア軍から攻撃を受けた。同船は火災を起こしたものの、タグボートに曳かれて現場を離れたという。同船を建造したのは、佐世保重工業。実はこの会社、「波乱万丈」の歴史を乗り越えてきた。

記事を読む
オムロン、JMDCと資本業務提携 ノーリツ鋼機から株式取得

オムロン、JMDCと資本業務提携 ノーリツ鋼機から株式取得

オムロンは22日、医療統計のデータサービスを提供するJMDCと資本業務提携を行うと発表した。JMDCの大株主であるノーリツ鋼機が保有する株式約1864万株(発行済株式総数の33.0%)を1118億円で取得する。

記事を読む
【ABCマート】10年ぶりにM&A、セブン&アイ傘下の「オッシュマンズ」を買収

【ABCマート】10年ぶりにM&A、セブン&アイ傘下の「オッシュマンズ」を買収

靴小売チェーン最大手のエービーシー・マートが10年にぶりにM&Aを繰り出した。買収ターゲットに選んだのはスポーツ用品分野。セブン&アイ・ホールディングス傘下の「オッシュマンズ」を3月1日に子会社化する。M&Aの封印を解いた狙いとは?

記事を読む
ログリー、買収企業の不振でCOOを資金回収に出向させるスパルタ人事

ログリー、買収企業の不振でCOOを資金回収に出向させるスパルタ人事

ネットのネイティブ広告などを手がけるログリーが、M&Aで「大やけど」を負った。2021年4月に7億円で買収した転職メディア「転職アンテナ」を運営するmotoが、SEOパフォーマンスの悪化で当初予想の56.4%という大幅な売上減に陥ったのだ。

記事を読む
経済産業省、コーポレートガバナンス改革を踏まえた価値創造に資する合併と買収に関する実態調査の調査報告書を公表

経済産業省、コーポレートガバナンス改革を踏まえた価値創造に資する合併と買収に関する実態調査の調査報告書を公表

経済産業省は2021年11月19日、コーポレートガバナンス改革を踏まえた価値創造に資する合併と買収に関する実態調査書を公表しました。

記事を読む
ファンドに売却される西武のホテル名はなぜ「プリンス」なのか?

ファンドに売却される西武のホテル名はなぜ「プリンス」なのか?

西武ホールディングスがホテルやレジャー施設など約30件の施設を、シンガポール政府系投資ファンドのGICに売却するとの報道が駆け巡った。売却されるホテルは「プリンスホテル」のブランドで全国展開している。西武はなぜプリンスホテルと名付けたのか?

記事を読む
「銀行買収 米系投資ファンドによる韓国大手行の買収と再生の内幕」|編集部おすすめの1冊

「銀行買収 米系投資ファンドによる韓国大手行の買収と再生の内幕」|編集部おすすめの1冊

タイ・バーツの急落をきっかけに発生したアジア金融危機の際に、経営が破綻した韓国第4位の銀行である韓国第一銀行を、米国の投資ファンドが買収した。この交渉過程の一部始終を描いたのが本書だ。

記事を読む
米半導体大手のエヌビディア、アーム買収計画を取り下げへ

米半導体大手のエヌビディア、アーム買収計画を取り下げへ

米半導体大手エヌビディアは英半導体設計会社アーム買収計画を取り下げる準備を進めている。ブルームバーグ・ニュースが25日、関係筋の話として報じた。

記事を読む
「コロナ破たん」に惑わされるな=2021年を振り返って

「コロナ破たん」に惑わされるな=2021年を振り返って

倒産取材の現場では、「新型コロナが影響した」とのセリフをよく聞いた。関係者へのヒアリングでは「枕詞」と化し、破産や民事再生の申立書でも常套句として使われた。だが、それに慣れると本当の原因を見誤る。

記事を読む
「権力者と愚か者 FT編集長が見た激動の15年」|編集部おすすめの1冊

「権力者と愚か者 FT編集長が見た激動の15年」|編集部おすすめの1冊

M&A Onlineが今回取り上げるのは「権力者と愚か者 FT編集長が見た激動の15年」(日本経済新聞出版刊)。英経済紙のフィナンシャル・タイムズ紙(FT)の編集長を務めた人物の回顧録。2015年にFTが日本経済新聞社に買収が決まる際の記述も興味深い。

記事を読む
シーズメンがエスニック雑貨の「チチカカ(TITICACA)」を買収

シーズメンがエスニック雑貨の「チチカカ(TITICACA)」を買収

メンズ衣料小売のシーズメンは11月30日、エスニック雑貨店「チチカカ」が運営する会社の株式を取得し、子会社化すると発表した。

記事を読む
【M&A判例】労組解散目的は不当解雇では「佐野第一交通事件」

【M&A判例】労組解散目的は不当解雇では「佐野第一交通事件」

親会社が子会社を解散させたとしても、子会社の従業員を引き継がねばならない法的義務はありません。今回ご紹介する事案は、ある会社が買収した子会社の労働組合員を解雇する目的で子会社を解散させ、その効果が争われた判例です。

記事を読む