アステラス製薬(東京都)は、プロトピック(日本は除く)及び主に欧州・中東・アフリカ地域で販売されているにきび・皮膚感染症を対象としたローカル製品から構成されるグローバル皮膚科製品群に関する資産及び関連権利義務(グローバル皮膚科事業)を皮膚科領域にフォーカスした医薬品の生産、販売及び研究開発を行うLEO Pharma A/S(デンマーク、売上高1384億円、以下LEO Pharma社)に譲渡する「事業譲渡契約」を締結した。

アステラス製薬は、本事業譲渡により、競争優位の源泉となる機能へ再投資することで新薬創出力の更なる強化を図るとしている。なお、クロージングの後、両社は協力して、事業と製品を円滑かつ効率的にLEO Pharma社へ移管するとしている。

事業譲渡価額は891億円。

事業譲渡予定日は平成28年第1四半期。