ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

マツオカコーポ「アベノマスク」で51億円。一方、シャープは?

alt

「アベノ」以外のマスク参入リスクは?

では、政府の要請で「アベノマスク」ではない一般向けの不織布マスクに新規参入したシャープ<6753>はどうか?インターネット通信販売で抽選待ちの状態だが、先行きは不透明だ。すでに中国製の不織布マスクが50枚入り1000円前後で出回っており、大手メーカーの不織布マスクもドラッグストアやコンビニエンスストアに並び始めている。

ネットでの抽選販売が続くシャープ製マスク(同社ホームページより)

「日本製」に裏打ちされた機能性の高さがセールスポイントだが、政府の緊急事態宣言が解除され、消費者の間で感染に対する恐怖や危機感が薄れており、マスク着用は感染防止よりも社会的なマナーになってきた。そうなれば機能が劣っていても、価格が安いもので良いという判断になるだろう。

シャープはマスク生産に伴う業績への影響については明らかにしていない。設備投資と在庫リスクを抱える同社ではあるが、同社製不織布マスクはネット通販で発売する前に政府調達で1カ月当たり600万枚以上の買いが入っている。通販価格が税別で1枚約60円なので、同じ価格だとすれば月に3億6000万円を超える売り上げが立ったことになる。

ネット通販でも5月22日までの1カ月間で累計約22万箱、約1100万枚のマスクを販売した。これだけで約6億6000万円を売り上げたことになる。現在も抽選販売が続いており、しばらくは売り上げを伸ばせそうだ。

売上高こそマツオカコーポに比べれば小ぶりだが、設備投資については緊急発注だけに政府から相当額の補助金が交付されたはず*。マスク参入による実質的な支出は多くないだろう。一般向けの店頭販売やネット通販では価格下落が著しいマスクだが、「親方日の丸」のビジネスは手堅く仕舞えそうだ。

*政府はシャープに補助金を交付しているが、金額は明らかにしていない。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

ポストコロナの「新型マスク」続々登場 蒸れにくくスポーツでも使用可能

ポストコロナの「新型マスク」続々登場 蒸れにくくスポーツでも使用可能

2020/05/26

緊急事態宣言が全面解除され、新たな日常が始まろうとする中、新型マスクを巡る動きが活発化している。ポストコロナでは、機能性やファッション性に優れたマスクに関心が移りそうだ。

関連のM&A速報