伊藤忠商事は、連結子会社で食品卸売業の日本アクセス(東京都世田谷区、非上場)に対しTOB(株式公開買い付け)を実施することを決めた。現在、株式の約69.69%を所有しているが、第2位株主である雪印乳業(東京都新宿区)の保有分(所有割合約6.41%)を除いた全株式の取得を目指す。日本アクセスはTOBに賛同を表明している。

日本アクセスはアイスクリームの卸売販売を目的に雪印乳業の子会社として設立され、冷凍・冷蔵・常温の全温度帯に対応する物流網を日本全国に保有する。伊藤忠は日本アクセスと2001年に資本業務提携し、2006年にTOBを実施し子会社とした。出資比率をさらに高めることで、食品事業の中間流通分野を強化し、生産・流通・販売のバリューチェーンの構築を図る。

買付価格は1株あたり1300円。買付株式数は2536万3130株で、買付総額は最大329億7200万円。買付期間は2010年3月5日から4月16日まで。決済の開始日は4月23日。