M&A速報

日新製糖<2117>、伊藤忠商事<8001>傘下の伊藤忠製糖と2023年1月に経営統合

2022-06-10
alt
東京・日本橋小網町の本社で

日新製糖と伊藤忠商事傘下の伊藤忠製糖(愛知県碧南市。売上高309億円、営業利益17億6000万円、純資産159億円)は10日、2023年1月1日に経営統合することで合意したと発表した。人口減や甘味需要の多様化、砂糖代替品の台頭といった国内市場の変化に加え、TPP(環太平洋連携協定)などによる国際的な競争が激化する中、事業基盤を一層強化する。売上高規模は単純合計で約760億円となり、業界最大手のDM三井製糖ホールディングスを追撃する。

日新製糖は「カップ印」で知られ、筆頭株主は37%余りを出資する住友商事。一方、伊藤忠製糖は伊藤忠が全額を出資している。

経営統合は日新製糖が伊藤忠製糖を株式交換で完全子会社化すると同時に、日新製糖の事業を同名の事業承継会社に会社分割で承継したうえで、持ち株会社に移行する。持ち株会社の名称、本店所在地、役員構成、株式交換などは今後協議して決める。

追記事項

2022/11/08
持ち株会社の社名を「ウェルネオシュガー」とすると発表。

M&Aデータベース

関連の記事

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5