新型コロナの感染拡大で「すたみな太郎」や「いきなり!ステーキ」が苦境に

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
ビュッフェの料理(写真はイメージです)

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食関連事業者が倒産や閉店などに追い込まれている。 

ステーキ店「いきなり!ステーキ」などを展開するペッパーフードサービス<3053>は2020年3月25日に、2019 年 12 月期有価証券報告書に事業を継続することに疑いが生じていることを表す「継続企業の前提に関する重要な不確実性が存在する」との注記を記載することを決めた。 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3月以降、来店客数が落ち込み、売上高が大幅に減少したため、借入金の返済などの資金繰りに懸念が生じているという...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5