ついに露天販売まで!マスク不足解消の兆し−近く「投げ売り」も

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で、慢性的な品薄が続いていた不織布マスクが手に入りやすくなりつつある。意外にもドラッグストアやスーパーマーケット、コンビニエンスストアといった「一般ルート」ではなく、これまでマスク販売とは縁がなかったアクセサリーや雑貨などを販売する店に並ぶようになったという。東京都心では購入個数の制限なしで買える不織布マスクの露天商まで現れた。

中国からの輸入再開でマスク供給は回復へ

不織布マスクが店頭に並び始めた最大の要因は、マスク生産大国である中国での製造再開だ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5