伊藤忠商事は、メルセデスベンツなどの輸入車を販売するヤナセ(東京都港区)を子会社化すると発表した。TOB(株式公開買い付け)を実施し、現在39.43%の所有割合を50.1%超に引き上げる。あいおいニッセイ同和損害保険(東京都渋谷区)などほか3社がTOBへの応募に同意している。ヤナセは伊藤忠商事の連結子会社になることで、海外事業展開の強化を目指す。

買付価格は1株あたり540円。買付予定数(上限)は1204万2000株(所有割合65%)、下限は501万株(同50.1%)で、買付価額は最大で65億200万円。買付期間は5月26日から7月10日まで。決済の開始日は7月21日。