米アップルの小型タブレット端末「iPad mini」シリーズの新型機種が、2020年中に登場するとの観測が出ている。同シリーズは7.9インチ型ディスプレーを搭載したモデルで、2012年11月に初代「iPad mini」が登場してから、2019年3月に発売された現行の「iPad mini」まで5世代のモデルが登場した。

一時は「モデル廃止」との観測もあった「mini」

「昨年の発売なら、今年モデルチェンジするのは当然だろう」と考える人も多いだろうが、「iPad mini」に関してはそう単純ではない。確かに初代から「iPad mini4」までは、他の「iPad」シリーズ同様、毎年モデルチェンジがあった。

ところが「iPad mini4」から現行の「iPad mini」(第5世代)までは実に3年半もの空白期間があったのだ。一時は「iPad mini」シリーズの廃止説が有力だったが、2019年3月に新モデルが発表された。「iPad mini」シリーズのモデルチェンジが遅れた最大の理由は、画面サイズの中途半端さ。

iPad miniの歴代モデル
世代 モデル名 発売発売間隔(月) CPU 本体メモリー最大容量 データ通信方式
1 iPad mini 2012年11月 - A5 64GB Wi-Fi+4G LTE
2 iPad mini Retinaディスプレイモデル(「iPad mini2」) 2013年10月 11 A7 128GB Wi-Fi+4G LTE
3 iPad mini3 2014年10月 12 A7 128GB Wi-Fi+4G LTE
4 iPad mini4 2015年9月 11 A8 128GB Wi-Fi+4G LTE
5 iPad mini 2019年3月 43 A12 Bionic 256GB Wi-Fi+4G LTE
6 iPad mini6(次期モデル)
*仕様は予想
2020年中 - A13 Bionic or A14 Bionic 256GB or 512GB Wi-Fi+5G

初代「iPad mini」が発売された当時の「iPhone5」(2012年9月発売)のディスプレーが4インチだったのに対し、現行「iPad mini」が登場した当時の「iPhoneXR」(2018年10月発売)は6.1インチ、「iPhoneXS Max」(同9月発売)に至っては6.5インチと大画面化が進み、7.9インチのままの「iPad mini」は「帯に短したすきに長し」と評されるようになったのだ。