魚力(東京都)の連結子会社で、米国での鮮魚卸売事業を行うウオリキ・フレッシュ・インク(米国、売上高29億円、営業利益1億円、純資産3億円、所有割合75.0%、以下UF社)は、伊藤忠商事(大阪府、以下伊藤忠)を割当先とする第三者割当による新株式発行を行うことを決議した。これにより、UF社は魚力の連結子会社から持分法適用会社となる。

魚力は、伊藤忠に対する第三者割当増資を行い同社と合弁事業を展開しており、今後米国への更なる事業拡大を目指す上では、鮮魚専門店として培ってきた魚力の強みである水産物の仕入力に加え、大手総合商社として海外で幅広く事業展開している伊藤忠の流通・販売網を利用したビジネスモデルの構築を進めることが重要であるため、伊藤忠の出資比率を25.0%から51.0%へ引き上げたとしている。

第三者割当増資実施後の株式所有割合は49.0%。

払込総額は2億円。

払込予定期日は平成28年5月2日。