伊藤忠エネクスは、東京電力から熱供給事業及びその関連事業を行う東京都市サービス(東京都港区。売上高109億円、営業利益12億7000万円、純資産118億円)の株式66.6%を譲り受け、同社を子会社化することを決議した。

東京都市サービスは、電気式の高効率・蓄熱式ヒートポンプシステムを中心とした熱供給センター17カ所の運営により、国内トップレベルの省エネルギー実績をもつ。伊藤忠エネクスは石油製品を基盤とした産業用、家庭用、運輸用領域を強化すると共に、東京都市サービスの子会社化により業務用領域にも参入し、コア事業である石油製品販売事業に電力関連事業、熱供給事業を加え事業の拡大を図る。

取得価額は非公表。取得予定日は2012年5月22日。