東京スタイルは、アパレル事業のスピックインターナショナル(東京都目黒区。売上高73億9000万円、営業利益2億3600万円、純資産13億円)の株式67%を伊藤忠商事などから取得し、子会社化することを決定した。

スピックインターナショナルは、メンズカジュアルを中心に全国のファッションビルなどに124店舗を展開している。東京スタイルは主に百貨店においてレディース衣料を展開する。スピックインターナショナルを取り込むことで、企画や生産面で設備やノウハウを共有し相乗効果を図るとともに、新業態の拡充を図る。

取得価額は非公表。取得日は2008年4月15日。