ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【旭化成】ダボハゼから選択と集中、EVへと「進化するM&A」

alt

財閥解体で独立、経営多角化を加速

1943年に旭ベンベルグ絹絲が、ダイナマイトを製造・販売する日本窒素火薬を合併し、日窒化学工業に社名変更。国内15大財閥の一つ「日窒コンツェルン」の一員として事業を展開していた。だが、敗戦に伴う財閥解体で日窒コンツェルンは消滅。日窒化学工業は社名を「旭化成工業」に変更して再スタートを切る。

戦後も外国企業との合弁は続き、米ダウ・ケミカル社との合弁事業に乗り出した。1952年に川崎市に旭ダウを設立。旭ダウは1957年にポリスチレンの製造を開始し、合成樹脂事業へ進出する。1960年にはダウ・ケミカルが開発した食品保存用のラップ樹脂フィルム「サランラップ」を発売。樹脂製品事業にも参入した。

サランラップ
ダウ・ケミカルとの合弁で発売したベストセラー商品の「サランラップ」(旭化成ホームプロダクツホームページより)

1961年に宮崎輝氏が旭化成工業社長に就任すると、新規市場開拓が加速する。「ダボハゼ経営」と呼ばれた経営多角化の始まりだ。1967年に千葉県松戸市で独自開発した軽量気泡コンクリートの「へーベル」の量産を始め、建材事業に進出した。翌1968年には岡山県倉敷市の水島地区で山陽石油化学を設立し、石油化学事業に本格進出する。1971年に旭シュエーベルを設立し、ガラス繊維織物事業へ進出した。

1970年代以降は素材をベースに、より高い付加価値をつけた「川下」分野の製品づくりにも乗り出す。1972年に子会社の旭化成ホームズを設立し、「ヘーベルハウス」のブランド名で住宅事業へも参入した。1974年には旭メディカル(現・旭化成メディカル)を設立して人工腎臓の生産を始め、医療機器事業へ進出する。

NEXT STORY

この会社ってあそことは他人だったの? 「社名の空似」企業3選

この会社ってあそことは他人だったの? 「社名の空似」企業3選

2018/05/26

「他人の空似」とはよく聞く話だが、企業にもまぎらわしい「空似」がある。よく似た社名の別会社への間違い電話も珍しくない。そこで社名で誤解されやすい有名企業3社を紹介する。「この会社って、あそことは無関係だったの?」と驚く企業はあるだろうか。

関連のM&A速報