ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【旭化成】ダボハゼから選択と集中、EVへと「進化するM&A」

alt

関連年表

旭化成の沿革
 年 出 来 事 
1922 旭絹織を設立
1931 アンモニア、硝酸等化成品を製造販売する延岡アンモニア絹絲設立
1933 延岡アンモニア絹絲が日本ベンベルグ絹絲(キュプラ糸「ベンベルグ」を製造・販売)および旭絹織(ビスコース・レーヨン糸を製造・販売)を合併し、社名を旭ベンベルグ絹絲と改称
1943 旭ベンベルグ絹絲は、日本窒素火薬(ダイナマイト等を製造・販売)を合併し、社名を日窒化学工業と改称
1946 日窒化学工業から旭化成工業へ社名変更
1949 東京、大阪および名古屋の各証券取引所の市場第一部に株式を上場
1952 米国ダウ・ケミカル社と合弁で旭ダウ設立、川崎地区へ進出
1957 旭ダウがポリスチレン製造開始、合成樹脂事業へ進出
1959 富士でアクリル繊維「カシミロン」の本格製造開始、合成繊維事業へ本格展開
1960 「サランラップ」販売開始、樹脂製品事業へ進出
1967 松戸で軽量気泡コンクリート「ヘーベル」の製造開始、建材事業へ本格進出
1968 山陽石油化学設立、水島地区で石油化学事業へ本格進出
1971 旭シュエーベル設立、ガラス繊維織物事業へ進出
1972 水島で山陽エチレン(現・旭化成)による年産35万トンのエチレンセンター完成
  「ヘーベルハウス」本格展開、住宅事業への本格進出
  旭化成ホームズ設立
1974 旭メディカル(現・旭化成メディカル)設立。人工腎臓の生産を始め、医療機器事業へ進出
1976 旭化成テキスタイル設立、テキスタイル事業を強化
  旭化成建材設立
1980 宮崎電子(現・旭化成電子)設立、ホール素子事業へ進出
1982 旭ダウを合併し、合成樹脂事業を強化
1983 旭マイクロシステム(現・旭化成エレクトロニクス)設立、LSI事業へ本格展開
1992 東洋醸造と合併、医薬・医療事業を強化、酒類事業へ進出
1994 旭化成テキスタイルを合併、繊維事業を強化
2000 新日鐵化学より欧米コンパウンド樹脂生産子会社を譲受し、欧米における生産拠点を確保
2001 旭化成工業から、旭化成へ社名変更
2002 焼酎および低アルコール飲料事業をアサヒビールおよびニッカウヰスキーへ譲渡
2003 清酒・合成酒関連事業をオエノンホールディングへ譲渡
  分社・持株会社制へ移行。持株会社と7事業会社(旭化成ケミカルズ、旭化成ホームズ、旭化成ファーマ、旭化成せんい、旭化成エレクトロニクス、旭化成建材、旭化成ライフ&リビング)からなるグループ経営体制へ移行
2007 旭化成ケミカルズが旭化成ライフ&リビングを吸収合併
2008 旭化成クラレメディカル、旭化成メディカルが事業会社としてスタート
2009 旭化成イーマテリアルズ設立
2012 旭化成クラレメディカル、旭化成メディカルを統合 (存続会社名は旭化成メディカル)
  米国ゾール・メディカル社を買収および連結子会社化
2014 グラスファイバーの製造・販売を行うNITTOBO ASCO Glass Fiber Co., Ltdを折半出資する日東紡に売却
2015 バッテリーセパレーター関連の高分子ポリマー膜を手がける米ポリポア・インターナショナル社を買収および連結子会社化
  リチウムイオンキャパシタおよびモジュールのメーカーの旭化成FDKエナジーデバイスを折半出資するFDKに売却
2016 三菱ケミカル旭化成エチレンで、エチレンセンターの共同運営を開始
  旭化成ケミカルズ、旭化成せんい、旭化成イーマテリアルズを、旭化成に吸収合併し、事業持株会社に移行
2018 自動車内装材大手の米セージ・オートモーティブ・インテリアズ(サウスカロライナ州)を買収

文:M&A Online編集部

この記事は企業の有価証券報告書などの公開資料、また各種報道などをもとにまとめています。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

この会社ってあそことは他人だったの? 「社名の空似」企業3選

この会社ってあそことは他人だったの? 「社名の空似」企業3選

2018/05/26

「他人の空似」とはよく聞く話だが、企業にもまぎらわしい「空似」がある。よく似た社名の別会社への間違い電話も珍しくない。そこで社名で誤解されやすい有名企業3社を紹介する。「この会社って、あそことは無関係だったの?」と驚く企業はあるだろうか。

関連のM&A速報