サカタのタネは1913年7月(大正2年)に坂田武雄氏が「坂田農園」として創業した。武雄氏は帝国大学農科大学実科卒業と同時に農商務省の海外実業練習生の資格試験に合格し、渡米する。米ニュージャージー州リバートンに広大な土地を所有し、世界でも一流の苗木業者だったヘンリー・A・ドリアー(Henry A. Dreer)社で、園芸や種苗の基礎を学ぶ。海外での実業実習を終えて帰国した武雄氏は、横浜市で「坂田農園」の看板を掲げ、六角橋に50アールばかりの農地を借りて海外向けの苗木商を始めた。

若かりし日の坂田武雄氏(同社ホームページより)

苗木からタネへ

武雄氏は数名の助手を雇って苗木の輸出入事業を始めたが、苦戦が続く。唯一、1914年から始めたヤマユリやカノコユリの球根輸出に成功したぐらいだった。武雄氏は苗木に見切りをつけ、種子への転換を考える。種子なら早ければ1年後に販売した種子が優秀か分かるので、苗木より勝負が早い。良い種子を販売すれば、顧客からの信頼を短期間のうちに得られるはずだ。そう考えた武雄氏は、1916年に種子の販売に乗り出す。

数年のうちに種子事業は狙い通りの成果を出した。とりわけ米国では日本野菜の評価が高く、種子取引高も急増したため、武雄氏は1921年に再度渡米。シカゴに支店を置いた。1922年には満州(現・中国東北部)で花と野菜の種子の委託生産を始めるなど、戦前に国際化へ向けた第一歩そ踏み出していた。1927年」には国内向け通信販売カタログ「園の泉」を創刊、1931年には花きを扱う「園の泉」趣味号を創刊するなど、種子の通信販売を本格的に始めている。