【サカタのタネ】M&Aで世界にビジネスの「タネ」をまく

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

サカタのタネは1913年7月(大正2年)に坂田武雄氏が「坂田農園」として創業した。武雄氏は帝国大学農科大学実科卒業と同時に農商務省の海外実業練習生の資格試験に合格し、渡米する。米ニュージャージー州リバートンに広大な土地を所有し、世界でも一流の苗木業者だったヘンリー・A・ドリアー(Henry A. Dreer)社で、園芸や種苗の基礎を学ぶ。海外での実業実習を終えて帰国した武雄氏は、横浜市で「坂田農園」の看板を掲げ、六角橋に50アールばかりの農地を借りて海外向けの苗木商を始めた...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5