旭化成<3407>が自動車分野への攻勢を強めている。その戦略の要となるのがM&Aだ。2018年7月19日に自動車内装材大手の米セージ・オートモーティブ・インテリアズ(サウスカロライナ州)を7億ドル(約791億円)で買収すると発表した。だが、旭化成がM&Aに取り組んだのは、これが初めてではない。

旭化成の歴史は「M&Aの歴史」

初のM&Aは1933年のこと。以来、節目節目でM&Aによる事業拡大に取り組んできた。旭化成の歴史は「M&Aの歴史」と言っても過言ではない。

旭化成の前身である旭絹織が発足したのは1922年。日本窒素肥料(現・チッソ)が滋賀県に設立した再生繊維のレーヨン製造会社だった。1931年に宮崎県延岡市でアンモニアや硝酸などの化成品製造・販売する延岡アンモニア絹絲が日本窒素肥料から分離・独立する。

1933年には、この延岡アンモニア絹絲がビスコース・レーヨン糸を手がける旭絹織、独J・P・ベンベルク社が開発したキュプラ糸「ベンベルグ」を製造・販売する日本ベンベルグ絹絲を合併し、社名を旭ベンベルグ絹絲に改称した。

ベンベルグは銅アンモニアレーヨン生地で吸放湿性に優れ、一般的なレーヨン (ビスコースレーヨン) に比べて耐久力や耐摩耗性などに優れている。さらに天然素材であるため、土に埋めると短期で自然分解されるというメリットがあった。

ただ、生産過程での銅やアンモニアの処理が技術的に難しいため海外メーカーは相次いで撤退したが、旭ベンベルグ絹絲は銅などの再利用技術を確立し、世界唯一のベンベルグ製造メーカーとなる。ベンベルグは優れた服飾素材として、ヒット商品になった。

ベンベルグ
戦前から現在まで製造が続く「ベンベルグ」(同社ホームページより)