M&A速報

旭化成<3407>、米国電池材料メーカーを買収

2015/02/23

旭化成(東京都)は、米国の買収目的子会社を通じて、電池材料のセパレータの革新的な開発をおこなうとともにグローバルな製品供給体制および販売網を活用するため、バッテリーセパレータおよび医療・工業用膜関連の高分子ポリマー膜メーカーであるポリポア社(アメリカ、売上高756億円、営業利益104億円、純資産737億円、米国ニューヨーク証券取引所)の全株式を既存株主から取得し、買収目的子会社とポリポア社を合併することに合意した。

なお本買収に先んじてポリポア社は、同社の医療・工業用膜事業を3M社に1188億円で譲渡する。

株式取得予定価額は2613億円。

株式取得予定日は平成27年4月以降。

M&Aデータベース

関連の記事

旭化成、2022年からポテンシャルがさらに開花|ビジネスパーソンのための占星術

旭化成、2022年からポテンシャルがさらに開花|ビジネスパーソンのための占星術

2019/12/25

旭化成は総合化学大手の一角を占める。身近なところではサランラップ、住宅のヘーベルハウスで知られる。多角化経営では日本有数だ。今年のノーベル化学賞には同社の吉野彰名誉フェローが選ばれ、一躍、時の人なった。旭化成の行くてを占星術でみると。

【M&Aサマリー11月】86件で今年最高に、ヤフー・LINEが来秋統合|旭化成は1400億円で米社買収

【M&Aサマリー11月】86件で今年最高に、ヤフー・LINEが来秋統合|旭化成は1400億円で米社買収

2019/12/05

11月のM&Aは前年同月比12件増の86件と今年の最多を記録した。10月まで3カ月連続で前年を下回っていたが、大幅な増勢に転じたことで、変調の兆しを打ち消した格好だ。11月までのM&Aは762件で、10年ぶりに年間800件台乗せが確実に。

【旭化成】ダボハゼから選択と集中、EVへと「進化するM&A」

【旭化成】ダボハゼから選択と集中、EVへと「進化するM&A」

2018/07/26

旭化成が自動車分野への攻勢を強めている。その戦略の要となるのがM&Aだ。2018年7月19日に自動車内装材大手のセージ・オートモーティブ・インテリアズ(サウスカロライナ州)を7億ドル(約791億円)で買収すると発表した。今後の戦略はいかに。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5