M&A速報

テンプホールディングス<2181>、特定保健指導事業の旭化成ライフサポートを取得

2012/08/28

テンプホールディングスは、連結子会社で健康診断などの健康支援事業を主力とするテンプスタッフ・メディカル(東京都渋谷区)と、旭化成の連結子会社で特定保険指導事業、食事分析・栄養指導事業などを主力とする旭化成ライフサポート(東京都千代田区)が合併することを決議した。なお、合併方式はテンプスタッフ・メディカルを存続会社とし、旭化成ライフサポートを消滅会社とする吸収合併方式。

テンプホールディングスは中期経営戦略において、専門分野への積極展開を掲げ、アウトソーシング事業の強化に取り組んできた。テンプスタッフ・メディカルは、その中でヘルスケア領域を担当し、健康診断の実施に伴う各種業務の支援を主力とする。一方、旭化成ライフサポートは、特定保険指導プログラムや、自治体などに地域コミュニティ活動を支援するコミュニティサイトの提供を行う。今回の合併で、両社の顧客や業務特性の相乗効果を生かし、事業拡大と経営の効率化につなげる。

株式割当比率は1(テンプスタッフ・メディカル):0.137(旭化成ライフサポート)。

合併効力発生予定日は2012年11月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

旭化成、2022年からポテンシャルがさらに開花|ビジネスパーソンのための占星術

旭化成、2022年からポテンシャルがさらに開花|ビジネスパーソンのための占星術

2019/12/25

旭化成は総合化学大手の一角を占める。身近なところではサランラップ、住宅のヘーベルハウスで知られる。多角化経営では日本有数だ。今年のノーベル化学賞には同社の吉野彰名誉フェローが選ばれ、一躍、時の人なった。旭化成の行くてを占星術でみると。

【M&Aサマリー11月】86件で今年最高に、ヤフー・LINEが来秋統合|旭化成は1400億円で米社買収

【M&Aサマリー11月】86件で今年最高に、ヤフー・LINEが来秋統合|旭化成は1400億円で米社買収

2019/12/05

11月のM&Aは前年同月比12件増の86件と今年の最多を記録した。10月まで3カ月連続で前年を下回っていたが、大幅な増勢に転じたことで、変調の兆しを打ち消した格好だ。11月までのM&Aは762件で、10年ぶりに年間800件台乗せが確実に。

バイト探し「an」がサービス終了、従業員600名はどうなる?

バイト探し「an」がサービス終了、従業員600名はどうなる?

2019/08/09

アルバイト情報誌「an(アン)」が11月25日でサービス終了となります。52年もの歴史を持つ求人誌でしたが、Webへの移行に乗り遅れ、競合にシェアを奪われました。従業員600名は転職サービス「doda(デューダ)」へ異動となりました。

【旭化成】ダボハゼから選択と集中、EVへと「進化するM&A」

【旭化成】ダボハゼから選択と集中、EVへと「進化するM&A」

2018/07/26

旭化成が自動車分野への攻勢を強めている。その戦略の要となるのがM&Aだ。2018年7月19日に自動車内装材大手のセージ・オートモーティブ・インテリアズ(サウスカロライナ州)を7億ドル(約791億円)で買収すると発表した。今後の戦略はいかに。

[人材派遣業界のM&A]買収ニーズが高く、譲渡金額が高額に

[人材派遣業界のM&A]買収ニーズが高く、譲渡金額が高額に

2016/08/31

人材派遣業界は2014年度時点で、一般派遣で3兆9,056億円、特定派遣で1兆5,338 億円、合計5兆4,394億円の市場規模を有する。ピーク時の08 年度の7兆7,892 億円には遠く及ばないものの、アベノミクス下の好景気により、企業の求人需要は拡大が続く派遣業界のM&A動向を探る。

【パーソルホールディングス(旧:テンプスタッフHD)】「買わないリスク」を考えさせるM&A戦略

【パーソルホールディングス(旧:テンプスタッフHD)】「買わないリスク」を考えさせるM&A戦略

2015/07/27

テンプスタッフは、積極的にM&Aを実行している企業の一つである。上場前から活発にM&Aを行っていたが、当時のM&Aは主にフランチャイジーを整理するためと見られる合併や買収であった。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア