2018年4月、桧家ホールディングスが「ヒノキヤグループ」<1413>に社名変更した。これに先立つ同年3月、同社は東証一部に上場している。創業からわずか30年で押しも押されもせぬ注文住宅会社となったヒノキヤグループ。急成長の原動力となったのはM&Aだった。

M&Aをテコに「最高品質と最低価格」を実現

創業当時からの経営理念は「最高品質と最低価格で社会に貢献」。これは大手住宅会社の下請け工務店を経営してきた創業者の黒須新治郎会長が「自らが元請けになれば、大手住宅会社と変わらない品質で 2割から3割安く住宅を提供できる」と考えたのがきっかけという。

しかし、自社だけの展開では限界がある。営業地域を拡大し、建材調達コストを引き下げるには、自社の成長とM&Aの二つの方法がある。スピードを重視するなら後者のM&Aだ。ヒノキヤグループは創業から8年後の1996年に東栄ハウジングを買収したのを皮切りに、同業者を次々と買収して事業を拡大した(年表参照)。

2009年5月からはFC(フランチャイズ・チェーン)事業をスタート。FCとして参加した工務店がヒノキヤグループの経営理念に共感して合流するケースもある。2018年4月6日に全株式を取得して完全子会社化する、注文住宅の請負や建売分譲住宅の販売などを手がけるハウジーホームズ(静岡市)も、その一例だ。

ヒノキヤグループではM&Aを成長戦略と位置づけ、積極的に事業領域を拡大してきた。ハウジーホームズを取り込むことにより、東海地区で注文住宅事業を本格展開する際に、同社と施工ネットワークや不動産情報を共有して事業拡大を加速できると判断した。M&Aにより、注文住宅建築でヒノキヤグループが「最高品質と最低価格で社会に貢献」するエリアは着実に広がっている。